数百枚から作る1枚の写真、トリック写真家のインタビュー(動画)

以前にも紹介した「Selected People」シリーズ。写真家のインタビュー動画がありました。

ボストンを拠点に活動するアーティスト、ぺレ・キャス(Pelle Cass)氏の作品、「Selected People」シリーズ。これは、同じ場所で何百枚と撮った写真を組み合わせて作るもの。トリックフォトグラフなんて言われます。

キャス氏は、自身の作品をスチルタイムライン写真だといいます。違う時間に同じ場所にいた人や動物を、1枚の画の中に集めるのですから、確かにスチルタイムラインとは言い得ています。

インタビューの中で彼は、自身の作品を作り出すプロセスを語っています。撮影場所は、人の通りがそこそこある場所。他の人からしたら何も変わった場所に感じないところでも、そこで起きる何かに注目し期待し撮影します。1回のプロジェクトで撮影する枚数は、100枚から300枚ほど。

撮影が終ると、まずは数百枚の写真にさっと目を通します。写真を見ていると、どのように仕上げるかのアイディアが浮かんでくるといいます。複数の写真の中に偶然起きている何か、画の中で起点となるもの、取り込みたい人やもの、そうしたものが見えてくるのです。あとは、元となる写真(最も人や物が写っていないもの)にPhotoshopで選んだ人やものを重ねていきます。この時、重ねるだけで写真の中にある「事実」の編集はしません。

作品タイトルの「Selected People」の通り、できあがった画には彼に選ばれた人だけが姿を表すのです。

[Creators Project]

そうこ(LESLIE HORN 米版