2500fpsカメラでスピーカーを激撮。そこは熱気とエノキが渦巻くステージだった(動画あり)

2013.10.26 23:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

131022-zz-Image38_R.jpg


美味しそう。

YouTubeの人気チャンネル「theslowmoguys」は、ハンマーでPCをブッたたいたり、水風船で襲撃したり…というようなシーンを、数千~数万FPSのハイスピードカメラで撮影、人間の目では知覚できない世界をお届けしているチャンネルです。

今までのイチオシはプールの中で拳銃の引き金を引いてるコンテンツ。水の抵抗が大きすぎでまっすぐ進まない銃弾と、その銃弾の動きに巻き込まれた水がショックウェーブを作っている様子が堪能できます。



そんな「theslowmoguys」の最新コンテンツが公開されました。スピーカーの上にペンキを流し込み、振動板の動きに応じて粘度の高い液体がどう反応するかを捉えた動画になります。ご覧ください。
 

 
131022-zz-Image31_R.jpg


ボリュームを最大にして、再生ボタン、


131022-zz-Image32_R.jpg


ぽちっとな。オーディエンス、ノリノリです。


131022-zz-Image55_R.jpg


まるでテレビのCMにありそうなアカ、アオ、ミドリが綺麗。


131022-zz-Image58_R.jpg


限界までジャンプすると、幹が崩れて球となり、落ちていきます。



いやあ楽しい。なんでこう、科学の実験的動画ってこんなにも面白いのでしょうか。


YouTube

(武者良太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大人の科学マガジン USB特撮カメラ (Gakken Mook)
  • 学研教育出版
・関連メディア