まじですか…雪男(とみられる動物)と古代ホッキョクグマのDNAが一致

まじですか…雪男(とみられる動物)と古代ホッキョクグマのDNAが一致 1

まじですか。

伝説の動物イエティは、日本では雪男、北米ではビッグフッドとも呼ばれていたりします。オックスフォード大学がイエティを探していると聞いたときは冗談かと思っていましたが、どうやら本気の本気だったようです。

オックスフォード大学のブライアン・サイクス名誉教授によると、ヒマラヤ山脈で採取された雪男だと思われる動物の毛(2頭分)を調べたところ、古代のホッキョクグマとDNAが完全に一致したそうです。

ギズでも紹介した通り、サイクス教授はイエティと思われる生物の情報提供を全世界に呼び掛けました。結果、約70個の試料を入手し、他の動物の遺伝子との比較を行ったそうです。集まった試料の中の2個から、ノルウェー北端のスバールバルで見つかった4万年~12万年前のホッキョクグマと同じ遺伝子パターンが検出されたとのこと。ちなみに今回サンプルとなった体毛は、1個はインド・カシミール地方のラダックで40年前に射殺された動物のもの、もう1個はブータンで10年前に発見されたものです。

もともとイエティはヒグマとホッキョクグマの雑種ではないかと仮説だてられていましたが、今回検出されたDNAはヒグマなどの現代のクマではなくて、古代のホッキョクグマと一致しました。この結果をふまえてサイクス教授は、「ホッキョクグマの祖先の血を引くヒグマの亜種がヒマラヤに存在すること。あるいは最近になってヒグマと古代ホッキョクグマの子孫との間に交配が行われたことを意味するかもしれない」というような言及しているそうです。

というか、クマか…クマなのか。個人的にゴリラっぽいイメージだったんですけれど…。

AFPCNN

Image by:meunierd/shutterstock

(嘉島唯)