きたよーiPad Air! 中身も大きく進化!

20131023 iPad Air 01.jpg

まさに、名は体を表す。

iPad5世代目の名前はiPad Air。スリムなボディにぴったり。美しいです。

去年のアップグレードはイマイチなかんじでしたが、今年のアップグレードは違います! スーパースリムなボディに機能の改善もてんこもり。

デザイン

20131023 iPad Air Design.jpg

噂通り、デザインが一新されてきましたが、予想よりも遥かに薄い! ハードウェアの大幅なアップデートは、Retinaディスプレイを搭載しバッテリーのために重量も増したiPad 3以来です。

その薄さ、7.5mm! iPad Airは第4世代に比べて実に20%のスリム化! iPad Miniを思わせるフラットバックデザインです。iPad miniの大きい版ってかんじですね。ああ、美しひ。

重さもなんと約450g。第4世代の約650gに比べてかなり軽くなっています。Appleによるとフルサイズのタブレットとしては世界一軽量だそう。

20131023 iPad Air 02.jpg

9.7インチのスクリーンと2,048 × 1,536 の解像度は変わりなし。iPod nanoとiPhone 5sと同じく、スペースグレーのカラバリありです。

スペック

気になるスペックのほうはというと、iPhone 5sに搭載された新しいA7システムチップが搭載されています。AppleによるとiPadにこの新しいチップを搭載することで処理速度は最大8倍、グラフィック性能はなんと最大72倍になるそう。

この新しいチップ、ご存じの通り64ビットアーキテクチャに対応しています。つまり今後さらに高性能なRAMデバイスがでてきても対応できるというわけ。CPU機能も深層アーキテクチャで改善されています(ARMv7からARMv8へ)。これによりバッテリーの持ちもだいぶよくなるみたい。

A7の新しいM7モーションコプロセッサではiPadのビルドインセンサーからの入力を管理。とはいえ、iPadを持ってジョギングって人はあんまりいないと思うし、どんな風に使いこなせばいいのかなあ、これ。

カメラ

iPadのカメラはいつもiPhoneのカメラに遅れをとっているわけですが、iPad Airでもそれは変わらないよう。iPad Airは5メガピクセルにとどまったので、少なくとも解像度ではiPhoneの勝利。ただ1.2メガピクセルの720p FaceTimeカメラはフルHD1920 x 1080解像度が撮影可能なカメラにアップグレードされています。

またiPad Airでは音声品質向上のためデュアルマイクを搭載しています。Skypeとかの音声向上が期待できそう。

バッテリー

iPad 3は、美しいRetinaディスプレイのために、大きいバッテリーが必要だったので、まあ大きかったですよね、ボディが。そこでこんなにスリムになったiPad Airのバッテリーの持ちはどうなのかと気になるところ。Appleのフィリップ・シラーさんによると、iPad Airは10時間もつのだそう。10時間あれば安心です。

Smart Cover

iPad Air Smart Cases.jpg

iPad をすっぽりくるんじゃう、Smart Cover。カラフルですー。価格は80ドル(約7900円)。

価格と発売日

iPad Airの発売日は11月1日。先行予約はなし。価格は以下の通り。

Wifiモデル

16GB 500ドル

32GB 600ドル

64GB 700ドル

128GB 800ドル

LTEモデル

16GB 630ドル

32GB 730ドル

64GB 830ドル

128GB 930ドル

ちなみにiPad 2の販売も継続する模様。お値段は400ドル。旧式タブレットとしてはちょっと高いですよね…。

MARIO AGUILAR(米版/mana yamaguchi)

131023_event_matome_2.jpg
iPad Air、Retina iPad、新型MBP、OS Xまで! アップル新製品発表会をまるっと凝縮まとめ