iPad Air先行レビューまとめ:軽い! 速い! 美しい!

2013.10.31 00:55
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

131031_ipadairmetarev_.jpg


やっぱり買うべきか。

iPad Air、現時点で最高のiPadです。前より軽いとか速いとかってのは当然として、想定を超える何かがあるんでしょうか? iPad Airの発売を目前に先行レビューが各メディアから上がってきたので、ここにまとめます。

The Loop

初めてiPad Airを手に持ったとき、それがいかに軽いかがわかった。本当に軽い。実際、アップルはiPad Airの重量を前世代に比べて半ポンド(約227g)ほども削り取っている。それ自体大した違いに見えないかもしれないが、従来のiPadは約1.5ポンド(約680g)ほどであり、そこから半ポンド減らしたのは非常に大きい。

(略)iPad Airを手に持った感触の素晴らしさを、実際手に取ることなく説明するのはとても難しい。それはまるでRetinaディスプレイを初めて見たときのような…衝撃だ。


Engadget

小さなサイズと軽量なビルドにもかかわらず、やわな感じは全くない。ユニボディアルミニウムの筐体は従来のiPadと同様にがっしりとしている。サイドにはくっきりしたエッジがあるので、これまでのような丸みを帯びたデザインよりもしっかりグリップできる。ベゼルと他の部分の境界としてダイヤモンドカットの面取りされたエッジになっていて、高級感がある。ただ経験的に、エッジが面取りされていることのデメリットは、衝撃や細かい傷を受けやすいことだ。


CNET

iPad Airを我々お気に入りのベンチマークで試してみた。比較対象は、最新iOS(7.0.3)を入れた第4世代のiPadだ。結果は目覚ましいもので、Sunspider 1.0.1では第4世代iPadがテスト完了に平均661msかかったのに対し、 iPad Airは平均402msだった。これはWebレンダリングスピードとしては50%以上の改善である(ちなみにiPhone 5sは417ms)。

Geekbench 2でも同様で、第4世代が1797に対しiPad Airが2382(こちらはスコアが高い方が良い)を記録し、Geekbench 3では差が広がって1429対2688になった。iPad Airのシングルコアでのスコアも1475で、第4世代iPadのデュアルコアでのスコアより高かった。

となると懸念する人もいるかもしれないが、そう、iPad Airはこうした処理の間かなり温かくなる。フル稼働すると、先代ほどではないにしてもかなりの熱が出ていて、必死で動いているのが確認できる。


Pocket-Lint

パワーを増強したとはいえ、日々の使い方では第4世代iPadと比べてスピードが改善したという感じはなかった。それは、あらゆるアプリやリソースを食うゲーム(Infinity Blade III、Need for Speed Most Wanted、Real Racing 3、Dead Trigger 2などなど)を全てプレイしてテストした上での実感だ。


現在、iPad Airはこれまでアップルのタブレットがずっとそうだったのと同じように速い。ラグもゼロ、性能上の問題もゼロである。何かをロードするのに時間がかかり過ぎることは一度もなかった。多くの場合iPad Airの方が第4世代iPadに比べてロード時間が短かかったが、ほんの少しの差だった。


AnandTech

アップルがiPhone 5sとiPad Air、iPad miniの全てにRetinaディスプレイとA7チップを搭載し、共通化したことは興味深い。が、(スマートフォンと同じチップといっても)iPadユーザーにとってデメリットはない。アップル独自の64ビットコア、Cycloneは信じられないほどパワフルであり、iPhone 5sのレビューを元に想像していた以上に強力だった。

アップルは他のARMプレイヤーの誰よりも、ARM自身よりも、大きく、高いパフォーマンスのCPUアーキテクチャを作り出したようだ。設計は完ぺきとはいえないが、競合のどのCPUよりも高性能だ。なのでアップルがA7チップをiPhone 5sとiPad Airの両方に搭載しているのは、全く問題ない。強いて言えばiPhone 5sの小さいバッテリーを考えるとやり過ぎかもしれないが、高性能に越したことはないと思う。


AllThingsD

私のテストでは、iPad Airはアップル公称の10時間のバッテリーライフははるかに超えていた。12時間以上、HDの動画をノンストップで再生し続け、その間スクリーンの明るさは75%、Wi-Fiオンで、メールはつねに流れ込んできていた。これは私が使ってきたタブレットの中で最良のバッテリーライフである。


Mashable

アップルのツールの多くは写真と動画にフォーカスしているが、iPad Airのカメラに関しては必ずしも最先端ではない。iPad Airには、前世代と同じ500万画素のiSightカメラが搭載されていて、パノラマ写真やスローモーション動画といったオプションはない。

FaceTimeカメラにはiPhone 5cと同様のアップデートがあり、暗い場所でのパフォーマンスが改善した。妻とFaceTimeで通話したところ、暗いライティングでも彼女は私の顔をはっきり見ることができた。


AP

ふたつのWi-Fiアンテナによって、通信速度が2倍になっている。ドラマ『プリティ・リトル・ライアーズ』のスピンオフの『Ravenswood』のパイロットエピソードは20分以下でダウンロードできた。去年のモデルでは同じことをするのに39分かかった。


TIME

iPad Airは旧モデルと同じスクリーンを搭載しているので、本体をより細くするために削られた部分は明白である。スクリーン周囲のボーダーだ。iPad miniと同様のデザインで、ディスプレイ左右(ポートレートモードで持った場合)のベゼルが細くなっている。

最初は、それが落ち着かず、手がスクリーンにかかって大事な情報が見えなかったり、要らない機能を立ち上げてしまったりするのではないかと心配になった。だが実際それは問題にならなかった。理由のひとつは、iOSがそうした意図しない入力をリジェクトするように設計されていることにある。

ベゼルを細くしたことにはおまけのメリットもある。手の大きさにもよるが、ポートレートモードで持てば、オンスクリーンキーボードのキー全体に指が届きやすくなった。両親指で速く正確にタイピングできて、まるで世界最大のBlackBerry端末を使っているような感じだった。


TechCrunch

個人的には、スマートケースを使うとiPad Airがかさばってしまうと感じた。そしていったん着けてしまうと非常に取りにくい。一方、スマートケースの方がスマートケース(原文ママ、多分スマートカバー)よりも保護力があり、それでもまあ美しさを保っている。アップルはすでにiPhone 5sでも上質感のあるレザーケースをデザインしているが、iPad Airのケースでも同じことをしている。

我々が手にできるのももうすぐです!


Casey Chan(原文/miho)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • iPad/iPad2/iPad3 新しいiPad the new iPad 用 2in1 コネクションキット SDカードリーダー/USBポート ♪ iOS7.0.2も対応【日本語説明書付き】
  • EC-MART
・関連メディア