平成生まれのiPhoneと大正時代の蓄音機の世代を超えたパイルダーオン

131013-Image1.jpg

アナログ接続なのでiPhoneならずともウケ入れちゃうのですが。さすがおじいちゃん、懐深い。

古めかしい大正時代のデスクトップ型蓄音機にスタンドとオーディオインケーブルを増設(アームを除去)してパッシブスピーカーにカスタム。電源不要でiPhoneなどに収録しているサウンドを鳴らせます。66mm径のスピーカーユニットを使い、音をダクトで共鳴させており、室内BGM用としてなら申し分のない音量が出せるみたい。

ホーンつきの大型機だったらニッパー(通称ビクター犬)のぬいぐるみといっしょに並べたかった! 代わりといってはなんですが、中古のSPレコードが5枚付属するそうです。気になるお値段は2万9400円。

蓄音機スピーカー[バード電子]

(武者良太)