ブランド総合研究所によるiPhone 5s/5cでの「パケ詰まり」調査が公開! 3キャリアの結果はどう出た?

2013.10.02 19:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013-10-02ke00.jpg


参考までにどうぞ。

ブランド総合研究所によって計測された、3キャリアのiPhone 5s/5cでのパケ詰まり調査結果が公表されています。山手線の6駅のホームで、Web ポータルサイトのトップページが表示されるまでの時間を調査。データをまとめると、パケ詰まり発生率はauが2.4%で最もパケ詰まりしにくい! という結果となったようです。


2013-10-02ke01.jpg


一方他のキャリアは? というと、ソフトバンクの発生率は3.9%、ドコモは16.8%となっています。ややドコモが苦戦していますね。やはり接続人口の多さがネックになっているのでしょうか?


2013-10-02ke02.jpg


また、同時にページを表示するまでの待ち時間も計測されています。これによるとauとソフトバンクの待ち時間は5.29秒で同タイム。ドコモが遅れて9.37秒。全ての箇所で他キャリアより時間が掛かっていますが、特に秋葉原駅では大きくタイムが下がってしまっています。やっぱり人多すぎ?


もちろん、この結果は都内の6駅という非常に限定された地域での計測です。地方や他の駅では? という条件が変わってくるとまた数値にも変化があると思うので、あくまでも参考値としてどうぞ。

詳しい結果や条件は下記リンクより確認できますよ。


ブランド総合研究所 地域ブランドニュース

(小暮ひさのり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • cheero Power Plus 10400mAh DANBOARD Version マルチデバイス対応モバイルバッテリー
  • cheero mart
・関連メディア