アシモフの壮大なSFがマンガ化!『銀河帝国興亡史1 ファウンデーション』

ファウンデーション

今まで海外でも映像化はおろか、コミック化すらされてこなかった作品が…。

ロボット工学三原則」の生みの親としても知られる、SF作家アイザック・アシモフの代表作『ファウンデーション(銀河帝国興亡史)』シリーズが、日本でマンガとなって発売されました。

 

『ファウンデーション』は、1万2000年続いた銀河帝国の末期に、人々の行動を数学的手法で予測する「心理歴史学」を用いて帝国の崩壊を予言した、数学者「ハリ・セルダン」によって設立された組織「ファウンデーション」が、彼の「セルダン計画」に基づき、 帝国崩壊後におとずれる様々な危機を乗り越え、新たに生まれるとされる「第二銀河帝国」の中核へと数百年かけ成長していく姿を描く、SF巨編。

スタートレック』や『スターウォーズ』など、後のSF作品に多大なる影響を与えた作品でもあり、最近の作品では、天才学者の計画に基づき、圧倒的な科学・技術力を駆使し、人類を救おうとする秘密結社を主人公とした『ガンダム00』にその影響が顕著に現れていました。イオリア・シュヘンベルグからのビデオレターなんかも、(内容は違えども)まさに「セルダン計画」的です。

アシモフの壮大なSFがマンガ化!『銀河帝国興亡史1 ファウンデーション』[Kotaku Japan]

(ギズモード編集部)