新製品お馴染み大解剖、MacBook Proの13インチと15インチ

新製品お馴染み大解剖、MacBook Proの13インチと15インチ 1

中見せてね。

アップル新製品と言えば、落下動画、ライフル動画、そして解剖が定番。いつも通りiFixitが新MacBook Proの13インチと15インチを解剖しています。

解剖元のiFixit曰く、15インチモデルは一言で言えば「2012年版のパーツにいくつかアップグレードされた箇所がある」という単純なもの。改良されたものの多くは、iFixitから見ると改悪であり、例えば新モデルのヘッドフォンジャックは、故障したらロジックボードも一緒に交換しなければならない仕組みになっているとか。ということは、ヘッドフォンジャックの修理に1000ドル近くかかってしまうということに。

13インチはというと、15インチ同様に解剖という点からみるとイマヒトツ。例えばバッテリーが固く糊付けされているのが、重要なネジを覆う部分にあってイマヒトツ。ディスプレイがフレーム内に溶接してあってイマヒトツ。RAMがハンダ付けしてあってイマヒトツ。つまり、修理をしにくくするためのイマヒトスが全部そろっているというのです。

13インチ15インチともに、修理という点から見るいiFixitポイントは、10点満点中1点。

興味深いのは、どちらのモデルもバッテリーサイズが小さくなっていること。これは、アップルがHaswellプロセッサとMaverickの力を信頼している証拠。

ネタ元では、さらに詳しく写真と動画付きで解説されています。

iFixit 13-Inch teardown, iFixit 15-inch teardown

そうこ(JAMIE CONDLIFFE 米版