マイクロソフト、新たなタブレットOSに「Windows Phone 8.1」を投入?

131011windowsphone81.jpg

もしや最も待望の決断?

Windows Phoneを使っている方を日本で見かけることは皆無ですけど、Windowsタブレットのほうはどうなのでしょうかね…。思ったほどはWindows 8 RTを搭載するタブレットが各社から出そろわず、いまのところはマイクロソフトが推進する「Surface」くらいでしか、このタブレット向けOSを堪能することはできない感じですが、いまいち盛り上がりには欠けている?

と思いきや、なんとスマートフォンOS「Windows Phone 8」が、これからリリースされる「Windows Phone 8 General Distribution Release 3」なるアップデートで、最大6インチサイズのスマホ画面にも新たに対応するとのリークが流れているほか、なななんと次世代の「Windows Phone 8.1」からは、最大10インチサイズの画面までサポートされるという噂まで! えっ、それって、スマートフォンじゃなくてタブレットなんじゃないでしょうかね~

そもそもマイクロソフトはタブレット向けにWindows 8 RTならびにWindows 8 Proを供給済みなので、どこまで本当にWindows Phone 8.1まで投入されてくるのかは定かではありませんが、元々がスマートフォン向けに軽く設計されているWindows PhoneのOSをタブレットでも使いたいというユーザーは少なくないのでは? いずれにせよ、早くどこかのキャリアからWindows Phone 8の新モデルを日本でも発売してほしいって願いがかなうといいですよね。

WinSuperSite

Eric Limer(米版/湯木進悟)