北極の冬、太陽が昇らない暗い昼を乗り切るための人工太陽アート(ギャラリー&動画あり)

北極の冬、太陽が昇らない暗い昼を乗り切るための人工太陽アート(ギャラリー&動画あり) 1

人類は、太陽までも作ったか…。

北極では、真冬に太陽が昇らない極夜という時期があります。白夜の反対ね。太陽が昇らないわけですから、朝でも昼でも真っ暗です。ノルウェーでも一部の地域で、3ヶ月ほど太陽があらわれない時期があります。そこで、北欧の太陽不在に影響を受けてデザイナーのLisa PaciniさんとChristine Istadさんが作り出したのがこれ、Traveling Sun。LEDライトを使った彫刻、人工の太陽です。

20130930sunsculpture0120130930sunsculpture0220130930sunsculpture0320130930sunsculpture0420130930sunsculpture05

Traveling Sunは直径3メートルほど。建物につり下げたり、車に括り付けて展示することができます。色味も本物の太陽のように、明るく眩しい黄色から燃える様な紅まで変化可能。この太陽は、ロンドンデザインウィークで展示されましたが、展示前にはノルウェーの様々な街をトラックやボートにのって移動して照らしてきました。

太陽が昇らない世界とは一体どんなものなのでしょう。経験したことがない者からは想像もつきません。

Traveling Sun via DesignBoom

そうこ(LESLIE HORN /米版