このスピーカーはタッチインターフェースの未来を示唆するかも(動画)

ある技術を別の目線で捉えなおすと、面白いものができるという好例ですね。

現在のタッチスクリーンは、密層ガラスや電気伝導性のある金属、コンデンサーを利用しているため、堅くフラットなのが一般的。でも、ハプティックインターフェース(力触覚インターフェース)が商用ガジェットで利用されはじめると、タッチスクリーンのデバイスは今まで以上に多様化しそうです。

ロンドンのデザイン・ミュージアムで来年レジデンスとして活動するEunhee Joさんは、このハプティックインターフェースを手掛ける韓国のデザイナー。

昨年、タッチスクリーン的な機能を柔らかい生地やスピーカーシステムに直接埋め込む「タンジブル・テクスチュアル・インターフェース」というプロジェクトを発表したことで、彼女の名前を覚えている方もいるかもしれません。

今年、デザイン・ミュージアムのレジデンシープログラムの一部として、彼女はそのコンセプトを実際に動く製品として洗練させていきます。

同ミュージアムのWebサイトで公開された「Surface Matters」はそのプロトタイプ。丸い卓上スピーカーが2つあるように見えますが、実は片方だけがスピーカーでもう片方は布を触る指の動きを感知するコントローラーとなっています。

ユーザーは前面の布を押すだけで、音量や曲、オーディオスタイルを操作可能。仕組みとしては、布の向こう側にあるモーションセンサーが布の表面で動く指のジェスチャーを捉えているのですが、新たな使い勝手を生み出してくれそうですね。

KELSEY CAMPBELL-DOLLAGHAN(Rumi 米版