終末ホラーみたい... フィラデルフィアの街並みを赤外フィルターで撮影したタイムラプス動画

映画みたい...

写真家のブルース・ウェイン・ベリー Jr. が赤外線フィルターでフィラデルフィア市内を撮影してみたタイプラプス動画がこちら。ホラー映画みたいじゃありませんか?

タイトルは「The Day Wonderland Stood Still . . .」。ベリーさん曰く、映画「スタートレック イントゥ・ダークネス」のオープニングでカーク船長とボーンズが赤い森の中を走り抜けるシーンにインスピレーションを受けて撮影したそうです。

あたかもKodak EIRフィルムみたいなリバーサルフィルムで撮影したように、赤外線の識別が赤外線を反射するものはディープ・レッドに、赤外線を吸収するものは黒に見えるカラーリング変換処理をしています。でも実際に使われたのは普通のカメラと黄色のフィルターだそうですよ。

LILY HAY NEWMAN(米版/鴻上洋平)