いつ使うんだろう。世界各国の翻訳できない言葉たち

いつ使うんだろう。世界各国の翻訳できない言葉たち 1

「日本語では表現できるけど英語でなんて言えばいいんだろう…?」と思った経験は誰でも一度はあると思います。

「なんとなく似た雰囲気の言葉で説明するけど、何か完全に伝わりきっている気がしない…」そんな少しもどかしい気持ちを抱いてしまうのは日本人だけではなかったようです。Maptiaに掲載されていた“11 Untranslatable Words From Other Cultures”(翻訳できない11の言葉)を紹介します。

1. Waldeinsamkeit (ドイツ語)

いつ使うんだろう。世界各国の翻訳できない言葉たち 2

森でひとりぼっちでいるような気持ち

2. Culaccino(イタリア語)

いつ使うんだろう。世界各国の翻訳できない言葉たち 3

冷えたグラスによってできたテーブルにつくマーク

「どんなシチュエーションで使うねん!」とツッコミたくなる単語たち。その他の単語は下記リンクからどうぞ。

翻訳できない11の言葉[roomie]

(ギズモード編集部)