猫は世界をどう見ているか、画像で人間と比較してみた

2013.10.27 13:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

131024cat3.jpg


人間よりずっと狩りがうまそう。

私達は猫を見るのが好きですが、猫は私達や世界をどのように見ているのでしょうか? アーティストのNickolay Lammさんがその疑問に応えて、獣医と眼科医の協力を得て猫が見ている世界のシミュレーション画像を公開しました。


131024cat4.jpg


まず、猫の視野は我々より広く、人間の視野が180度なのに比べて猫は約200度見ることができます。一方視界は人間に比べてぼんやりしており、遠くのものは最大6mくらいまでしかよく見る事ができません。


131024cat2.jpg


しかし、その代わりに暗所での視力はとても発達しています。猫の網膜には人間より多くの物の形を捉える桿体細胞(rod)があり、暗所では人間の6倍〜8倍よく見ることができます。また、物の動きにも非常に敏感です。上の写真を見ると、猫の目はまるでナイトビジョンのように働くことがわかります。


131024cat1.jpg


また、猫が認識できる色は人間とは異なっており、上の写真のように色あせたような世界を見ているようです。猫はこれまで赤と緑が認識できない2色型色覚であると考えられてきましたが、どうやら緑も少しは見えているようです。

まとめると、猫は視野が広くて近くしか見えず、認識できる色が少ない代わりに暗所でとても目が利くみたいです。とりあえず、暗闇で猫に逆らってはいけないみたいですね。


THE FEED my DEALS via WIRED

(塚本直樹)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 猫びより 2013年 11月号 [雑誌]
  • 辰巳出版
・関連メディア