Retina搭載の新iPad mini、ライバル端末とのスペック比較

20131023retinaminihikaku.jpg

ついにRetina。

RetinaスクリーンがiPad miniにも搭載されたことで、やっと7インチタブレット業界のライバルと互角にやり合えるようになりました。この7インチ業界、ライバルは多くありませんが、強いやつばかりなのです。そう、Nexus 7Kindle Fire HDXですね。 以下、スペック比較表です。

20131023retinaminihikaku01.jpg

Retinaによって、初代iPad miniよりもスクリーンスペックはかなり向上。しかし、他社だってもともと悪くないわけで、3ppi差でRetina miniの勝利ですが、まぁ言っても大差ないです。カメラも大差なし。スペック全体で目を惹く大きな違いは見られません。

が、あえて言うならば、Retina miniのその薄さでしょうか。0.06インチ(約1.5ミリ)ほど他社より薄いのですが、このほんのちょっとで使用感が変わるかもしれません。スカートだって1ミリ丈が違えば、全く印象が変わるといいますし…。

ただし、値段もそれ相当。ライバルと比べるとRetina miniは、100ドル(約1万円)ほど高いのです。1.5ミリのために1万円と考えると、どうかな…。

もちろんスペック表が全てではないので、実際使用してみてどうかって話ではありますがね。まぁ、参考として。

そうこ(ASHLEY FEINBERG 米版

131023_event_matome_2.jpg
iPad Air、Retina iPad、新型MBP、OS Xまで! アップル新製品発表会をまるっと凝縮まとめ