ドコモのTizen搭載スマホ、発売は来年に延期へ

ドコモのTizen搭載スマホ、発売は来年に延期へ 1

冬春モデルでも発表はありませんでしたね…

YOMIURI ONLINEによると、年内にもドコモから登場予定だったTizen搭載スマートフォンの投入時期が、来年前半に延期されたそうです。その理由として、ドコモ向けの機能を搭載するために開発が遅れているとのこと。

Tizenとは、インテルやサムスンが主導で開発を進めている、HTML5に最適化されたOSの名称です。Firefox OSと並び、AndroidやiOSに続く第3のモバイルOSなんて呼ばれることもありますね。

Tizenはメーカーやキャリアがより自由にOSをカスタマイズできるのが強みですが、そのプラットフォーム作りにはまだまだ時間がかかるということでしょうか。スマホといえばAndroid端末かiPhoneと固定化してしまったモバイル市場に、新たな風雲児が誕生することを期待したいですね!

YOMIURI ONLINE

(塚本直樹)