孫社長、TizenやWindows Phoneに「興味はない」…そうなのか…。

孫社長、TizenやWindows Phoneに「興味はない」…そうなのか…。 1

結構はっきりおっしゃたので、びっくりしてしまいました。

ソフトバンクの孫社長は9月30日の冬春モデル発表会にて、「(Windows PhoneTizenには)興味なし」と言い切っていました。

今までに、ブロードバンドの価格破壊やiPhoneの取り扱いなど、新しいものを日本にたくさん打ち出してきた孫社長だったので、こういったはっきりとした考えは少しばかり意外でした。

孫社長によると、「少しくらいは扱うかもしれないが、それらが主流になるとはとても思えない」とか。確かに日本ではiPhoneのシェアは確固たるもので、Windows PhoneやTizenが今のiOSほどの広がりをみせるのか?と考えてみると、それは難しいのかもしれません。

個人的にはこのままiOSとAndroidがシェアを伸ばして圧倒的な強者になるよりも、強力な第三の勢力が現れると、スマホ業界も面白くなると思うんですけどね。田中社長率いるauFirefox OSを搭載したスマートフォンの投入を発表していますが、ソフトバンクはどうなのでしょう?

ITmedia

(塚本直樹)