Wi-Fi操作にも対応! クールで先進的なヒーター「SmartHeater」と加湿器「Rain」がバルミューダから登場

131028balmuda.jpg

クールなだけじゃない、機能もすごいんです。

シンプルかつクールな家電製品を世に送り出し続けているバルミューダから、対流と赤外線で部屋を暖めるアルミラジエーター方式のヒーター「SmartHeater」と、おしゃれなタンクレス加湿器「Rain」が発表されました。

SmartHeaterは直販サイトで74,800円で11月上旬に出荷予定、Rainは46,800円で11月中旬に出荷予定となっています。

131028balmuda2.jpg

こちらがアルミラジエーター方式ヒーターのSmartHeater。見た目はオイルヒーターの様に見えますが、空気を暖めるのに赤外線を利用しており、オイルヒーターの5倍早く立ち上がるそうです。

さらにWi-Fi機能も内蔵しており、外出先からの運転の確認と停止が可能。ちょっとこの先進性、すごくないですか? また、地震による傾きやコンセント部の発熱を感知して運転を停止する機能もついています。

ヒーターってこんなに進化してたんですね…。 すごいの一言です。

131028balmuda3.jpg

次に、こちらがタンクレス加湿器のRain。従来の加湿器のようにタンクを取り出して給水するのではなく、上から水を注ぐだけで給水することができます。加湿器のタンクの水の取り替えって、けっこう重くて面倒くさいんですよね。

さらに、こちらのRainもWi-Fi機能に対応。外出先からの操作や現在の湿度を確認することができます。例えば、帰宅前に部屋を加湿しておくなんてことも余裕でできちゃうわけです。

本体には除菌が可能な酵素プレフィルターが搭載されていて、常にクリーンな空気を循環させることができます。赤ちゃんのいるご家庭でも安心して使うことができそうですね。

追記:記事タイトルの誤記を訂正いたしました。ご指摘ありがとうございました。(2013年10月30日11:00)

バルミューダ

(塚本直樹)