まだ日本未発表! 富士フイルムから新作ミラーレスの「X-A1」お借りしました

まだ日本未発表! 富士フイルムから新作ミラーレスの「X-A1」お借りしました 1

あ、赤いっ。

おおっ。これはこれはX-M1さんじゃないですか。え、でも、X-M1に赤いカラーリングありましたっけ? …え、X-A1? それって日本未発表のモデルじゃないですか。なんでここに?

…という展開がギズ編集部であったのかなかったのかはさておき、これは正真正銘、本物の「X-A1」です。立ち位置的にはX-M1よりさらにエントリー寄りの「ミラーレスカメラ入門にぜひっ!」というモデル。この日本未発表のミラーレス一眼カメラを富士フイルムさんからお借りすることができました。

ふ、フライングってやつですか…? り、リークってことですか…? えっ、あっ、もうじき国内発表される…あ、なるほど、じゃギズで一足先にお披露目ってことですね。

よし、じゃあ上から下までぐるぐる見回しちゃおうじゃないですか。

まだ日本未発表! 富士フイルムから新作ミラーレスの「X-A1」お借りしました 2

もうね、見た目はほとんどX-M1と同じです。正面右上の「X-A1」の文字がなかったら、X-M1に新色が出たのかと思っちゃうくらい。あ、赤がまぶしいっ!

まだ日本未発表! 富士フイルムから新作ミラーレスの「X-A1」お借りしました 3

背面もこのとおり、X-M1から変化ありません。X-M1の操作に慣れているとスイスイいきます。

まだ日本未発表! 富士フイルムから新作ミラーレスの「X-A1」お借りしました 4

X-M1の企画段階でこだわったというダイヤル類も、チルトに対応したディスプレイも変わりなしです。持った感じもX-M1とまったく同じと言ってもいいです。サイズから重さまで同じなんです。

まだ日本未発表! 富士フイルムから新作ミラーレスの「X-A1」お借りしました 5

これはもうX-M1と違うところから言った方が早いです。違うところ、センサーです。X-M1ではX-Transというセンサーを搭載していましたが、このX-A1では通常のAPS-CサイズのC-MOSセンサーになっています。有効画素数は1630万画素で変わらず。

それからこのカラーリング。X-A1はこのレッドに加えてブルーとブラックをラインナップします。僕はこのレッド結構気に入りました。レザーの感じ、アリです。見た目大事だいじ。

カメラエントリー層くらいの、カメラの見た目とか気軽に持ち出せるスタイルがいいなーって思う人には、このX-A1いいですよー。X-M1よりお値段お手軽になるでしょうしねっ。

131018_x-a1_gallary_001131018_x-a1_gallary_002131018_x-a1_gallary_003131018_x-a1_gallary_004131018_x-a1_gallary_005131018_x-a1_gallary_006131018_x-a1_gallary_007131018_x-a1_gallary_008131018_x-a1_gallary_009131018_x-a1_gallary_010131018_x-a1_gallary_011131018_x-a1_gallary_012

何枚かX-A1で写真撮ってみたのでどんな写りなのか見てみてください。全部オートのSR+モードで撮影しました。

131018_x-a1_gallary2_001131018_x-a1_gallary2_002131018_x-a1_gallary2_003131018_x-a1_gallary2_004131018_x-a1_gallary2_005131018_x-a1_gallary2_006131018_x-a1_gallary2_007131018_x-a1_gallary2_008131018_x-a1_gallary2_009131018_x-a1_gallary2_010

今回これを富士フイルムさんからお借りできたということは、近々日本国内でも発表があると考えてもいいと思うので、発売日、価格などもすぐわかりそうですね。

(鈴木康太)