いまどきの3Dプリンターは壊れても自己修復する。キムタクか!

2013.11.03 19:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

afinia00.jpg


安堂ロイド見てる?

あ、そういえばたしかジュラシックパーク3でラプトルの声帯を人工的につくってたけど(覚えてる?)あれって3Dプリンターだっけ? 掘削だっけ? 

ってゆーかラピッドプロトタイピングは昔からあるわけだけど最近安くなってきたから3Dプリンターブームですね。ヤマダ電機で売ってるし。

とは言っても超絶すげー高精細な3Dプリンターはまだそこまで安くないし、ぼく個人的な感じではそんな使う機会もないなって感じだから自分で買う感じにはならないんですが。。メーカーとかがプロトタイピングしたり、最近ファッション業界でも3Dプリンター流行っているようですが…それはわかるけど、個人ユーザーてどういう個人が買ってんすか? パーソナルファブリケーションってマジでそんなみんなやってんの??(知りたい。) モテる?

でも最近面白いなと思ったマシーン「AFINIA」はなんとぶっ壊れても自己修復する。キムタクみてえだ。つまり、自分で自分のパーツを出力できる。ターミネーターです。(AFINIAの自己修復は実際のとこヘッドとかノズルとか、一部だけなんだけど。)つまりなんというか、「自己修復」って四字熟語がかっけえ。

そのうち、もしかしたら、何か家電とかの一部壊れたりしてもわざわざパーツ取り寄せたりする必用なくなるのかなあ。デッドストックでもデータさえあればいけるわけだし。ソフトウェアをアップデートする感覚でハードウェアのアップデートとかも簡単になるかもしれない。

アフィニア、見た目もファミコンみたいで可愛いですね。日本だと下部リンクのとことかで買えるらしい。詳しくはリンク先でご覧あれ。


AFINIA

西條鉄太郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3Dプリンター革命 モノづくり・ビジネスが変わる!
  • 水野 操|ジャムハウス
・関連メディア