ここがヘンだよテクノロジー…が全部凝縮したCM(動画あり)

スマホ見つめてバス乗りそびれる男

スマホ見惚れて会議無視する女

スマホ見飽きなくて閉店しても帰らないシェフ

携帯に魂抜かれてどうこういうのはもう今さらネタだし、ここまではいいんです。ゲゲッと思うのはその後、最後に流れるキャッチフレーズ。

AT&Tにはわかります。自分と新iPhoneの間を誰にも邪魔されたくないその気持ち。

そう、これ米最大手AT&Tが通話プランとiPhone 5cを売るために流してるCMなんざますよ! つまりは礼賛です。スマホと気持ちが通じていれば、バスを乗りそびれても会議を無視しても閉店後まで粘ってもいいじゃないか、わはは、とね。半分自虐も入ってるんでしょうけど! 

「新iPhone」と言ってもここに出てるのはiPhone 5と中身おんなじのにポリカーボネートを被せたiPhone 5c…。このアップグレードプランのAT&T Nextも今やテック業界屈指のぼったくりプラン(下表参照)というところが、またなんとも…。

ここがヘンだよテクノロジー…が全部凝縮したCM(動画あり) 1

そう言えば、iPhone 5の公式CM(下)もこれに近いものがありましたね。あまりにも美化し過ぎていて、これをやられる周り人の迷惑がきれいさっぱり漂白されてるところに微かな抵抗感が。まだAT&Tの自虐ど真ん中の方が人間臭いかも?

周りの迷惑といえば、それを描き切った動画(下)をどうぞ。最初観たときは「そこまでやるか」って思ったけど、AT&TのCMを観た後では「もっとやれ」って思ってる自分がいます。

テクノロジーはいいものです。携帯でいつでも誰かと繋がっていられるし、僕の親もスカイプの魔法があるから孫の成長をリアルタイムで追えてるわけです。でもそれはあくまで人生を実現するためのものであって、人生を置き換えるものであってはならないと思うんです。

AT&Tにはわかります。自分と新iPhoneの間を誰にも邪魔されたくないその気持ち。

僕もわかりますよ。彼女、奥さん、子ども、犬、植物が待ちわびる家に帰らずに仕事場で新iPhoneとふたりの時間を過ごすとか、新iPhoneと見つめ合うのに忙しくて誰とも目を合わせないとか、昔の友だちとビールを飲んだり女の子を誘うのもかったるいから家に篭って新iPhoneいじってるとか、死んだ愛犬そっくりの犬が表紙の文庫本が30円で売ってるのに、新iPhoneに目が釘付けで気づかないとか、沈思黙考して自分の心の声に耳を澄ますのも、新iPhoneのツイートが気になってそれどころじゃないとか、まあ、そんなような気持ちですよね。

BRIAN BARRETT(原文/satomi)