高いけど欲しいけど超悩むニコンのメカニカルな新フルサイズデジカメ「Df」

高いけど欲しいけど超悩むニコンのメカニカルな新フルサイズデジカメ「Df」 1

仕事の合間、ずっとAmazon見てた。

FM2スタイルかそれともF3似か、で喧々諤々と話題フットーなニコンのデジカメ「Df」が正式に発表されました。

クラシカルなスタイルに搭載されるセンサーは有効1625万画素のフルサイズ。D4と同じものかどうかまでは明らかになっていませんが、一緒でしょう。画像処理エンジンも旧世代となったEXPEED 3ですし。

常用できるISO感度は100~12800。さらにISO50やISO204800相当の感度設定も可能です。「D4 ISO12800」などのキーワードで画像検索すると、出るわ出るわ。この超絶高感度なのにノイズが目立たず輪郭がビシっと決まっている画像が出まくり。

高感度性能では今なおニコンデジカメの頂点たるD4と同等の画質が提供されるわけで、そう考えれば27万8000円(ニコンダイレクト価格。カメラのキタムラでは25万円くらいだった)というお値段は安いのかもしれません。そう言い聞かせています自分に。いま。スプリットイメージじゃないのもD4譲りのセンサーだからでしょう。そう暗示をかけてます自分に。

でもやっぱり高いよね。いいモノだとは分かるんですがっ!

上面のダイヤルで操作できるのはシャッタースピード、ISO値、露出補正、撮影モードなど。視野率約100%の光学ファインダーも含め、アナログ的な要素は申し分ありません。俯瞰および真横から見たエクステリアにはクエスチョンを感じましたが、真正面からのルックスはよし。

ニコンのデジカメのデザインは、何故だかフォトジェニックに感じないことが多いのですが、現物を見て、触ってみると「これはいいねえ」となることが多々あるので、この「Df」もそのノリかなと感じています。

131103-diy-df-01131103-diy-df-02131103-diy-df-03131103-diy-df-04131103-diy-df-05131103-diy-df-06131103-diy-df-07131103-diy-df-08131103-diy-df-09131103-diy-df-10131103-diy-df-11131103-diy-df-12

デジカメ市場のボリュームゾーンが、より楽に、スピーディに何でも破綻なく1ボタンで撮影できちゃう高機能高品質コンデジに移りつつある現在、あえてゆっくり、じっくりと撮影するための機械を作ってみました感がありあり。これは、デザインだけではなく、いいモノを作りたい、何年も使い続けてもらえる機器を作りたいという職人心の表れかなと。

さもなくばこの時代の新モデルでWi-Fi非搭載(オプションの外付けユニットは使える)という選択肢はないでしょう。動画の撮影機能もないし。

潔い。ううむ。

発売は11月28日から。17~18日にはTKPガーデンシティ品川 ボールルーム ウェストで体験イベントが実施されます。興味のある方と僕は行くしかないかも。

ニコン

(武者良太)