ニュースアプリの戦国時代や…。Google製の「Google Play ニューススタンド」

ニュースアプリの戦国時代や…。Google製の「Google Play ニューススタンド」 1

Googleより、新しいニュースアプリ「 Google Play ニューススタンド」(以下「ニューススタンド」表記)がリリースされました。「Googleカレント」(レビューはこちら)に続くGoogle製ニュースアプリですね。

今年の7月、Googleリーダーがサービス終了したのは記憶に新しいできことですよね。「Googleカレント」も日本ではあまり流行って…る感じもなく、「Googleのニュース」は存在感が薄いような気がします。

果たして、この「ニューススタンド」は新たなニュースアプリの定番となるのでしょうか。

 

起動画面

最初にトップニュースが2件表示され、さらに見たい場合は「その他のニュース」の部分をタッチすると一覧が見れます。

ニュースアプリの戦国時代や…。Google製の「Google Play ニューススタンド」 2

「その他のニュース」をタッチしたところ

ニュースアプリの戦国時代や…。Google製の「Google Play ニューススタンド」 3

見栄えはかっこいい! でも、一覧を見るためにタッチが多い気もします。

カテゴリー分け

ニュースにも、芸能からテクノロジーまで、さまざまなジャンルがあります。人によって、興味のある分野はさまざまですよね。

ニュースアプリの戦国時代や…。Google製の「Google Play ニューススタンド」 4

「ニューススタンド」では、「企業」「エンターテイメント」「スポーツ」「技術」「世界」の5ジャンルに分かれおり、タテに長くスクロールすることで見ていきます。ただ、自分の興味の分野に絞ったりするという、カスタマイズができません…。

速度

「ニューススタンド」は、起動したあとにちょっとだけ読み込めば、すぐにトップニュースが表示されます。ただし、他のニュースアプリと同じく、ひとつひとつのニュース記事の読み込みに時間がかかってしまいます。その他、RSSを読み込ませる機能なんかもあるんですが、「Googleカレント」をある程度改良した程度の印象。

これから改良されて、さらに使いやすくなってくれることを期待したいですね。なお、本アプリのiOS版は来年リリースされる予定みたいです!

ネタ元のTABROIDでは、人気ニュースアプリ「スマートニュース」と比較をしているので、お時間のあるときにでもぜひお読みくだだい。

Googleの新たなるニュースアプリ登場! 「スマートニュース」と対決させてみた[TABROID]

(ギズモード編集部)