複数のクレジットカード情報を1枚にまとめてそのまま使える「Coin」カードがすごい(動画あり)

20131115_coin.jpg

GoogleウォレットやiOSのPassbookの登場で、毎日持ち歩くデビットカードやクレジットカードの量を減らす事ができるようになってきました(主にアメリカで)。

でもこのテクノロジーなら、それすら一気に無くすことができるかも! 複数枚持ち歩かなきゃいけないデビットカードやクレジットカードに置き換わって、お財布をもっともっとスリムにできる「Coin」という名の多機能カードのプロジェクトが登場しました。

Coinカードは標準的なクレジットカードと大体同じ大きさ、Bluetoothで接続し、小さな白黒のEインクディスプレイを搭載、シングルモードのボタン、2年間のバッテリー寿命、クレジットカードと同じ働きをする磁気ストライプがついています。

iOSやAndroidアプリで利用でき、小さなドングルも含まれています。利用者はデビットカードやクレジットカード、またギフトカードのアカウント情報をCoinにアップロード、登録されたカード情報を選んで、Coinカードの磁気スワイプで決済ができるように。カードに備わったシンプルモードのボタンと小さなディスプレイから、どのカードで支払いをするのかを選択して、お店のカードリーダーにスワイプして決済をすることができます。

 

 

なにこれすごい。

少ない電力でスマートフォンと接続できるBluetoothは、ユーザーがどのカードをCoinで利用可能にするかコントロール出来るだけでなく、セキュリティの強化の意味合いもあります。

もしCoinカードを紛失したり盗まれたりしたとしても、Bluetoothの接続が切れてしまえば、Coinは自動的に起動しなくなって安全です(ということはスマートフォンを忘れるとカードは使えないということですよね…)。

また、カードとスマートフォンの無線接続は128ビット暗号化されているので、第三者に容易に読み取られることはありません。

Coin カードは来年の夏に登場予定、現在クラウドファンディングとして、キャンペーン価格の50ドル(約5000円)でプレオーダーを受付中です(実売予定価格の半額の値段)。

もちろん、銀行から送られてくる無料のカードに比べると高額なことは確かです。でも何枚もカードを持ち歩くのにうんざりしている人にはぴったりですよね。

あと、海外旅行にも便利かもしれません。このCoinカードが1枚盗まれても本物のカードは無事なわけだから、海外から泣きながらカードの紛失処理をしなくても良さそうです。

このCoinカード、アメリカ国内での利用が基本となっているので、日本のクレジットカードが対応する雰囲気はなさそう…。リリースしたら誰か使ってみて欲しいです。

[Only Coin]

mayumine(ANDREW LISZEWSKI /米版