iPad Air、第3,4世代iPad、iPad mini、iPhone 5sでベンチマークで性能比較!

iPad Air、第3,4世代iPad、iPad mini、iPhone 5sでベンチマークで性能比較! 1

やっぱり速いぞiPad Air!

買ってまいりましたiPad Air、さっそくベンチマークソフト「Geekbench 3」にて性能比較をしてみました。比較対象は第4世代iPad、第3世代iPad、iPad mini、iPhone 5s、iPhone 5cの5台です。

iPadはすべてWi-Fiモデルで、OSはすべてバージョン7.0.3にアップデートしてあります。

iPad Air

iPad Air、第3,4世代iPad、iPad mini、iPhone 5sでベンチマークで性能比較! 2

Geekbench 3スコア:2694

速い! iPad Airは現時点で最速のiOSデバイスとなっています。iPad AirにはiPhone 5sよりクロック数の高い1.4GHz駆動のA7プロセッサが搭載されており、その面目躍如といったところでしょう。

第4世代iPad

iPad Air、第3,4世代iPad、iPad mini、iPhone 5sでベンチマークで性能比較! 3

Geekbench 3スコア:1427

iPad Airに比べるとスコアは半分くらいに落ちてしまっています。とはいえ、実用上は全く問題ないレベル。第4世代iPadに搭載されたA6Xプロセッサはまだまだ現役です。

第3世代iPad

iPad Air、第3,4世代iPad、iPad mini、iPhone 5sでベンチマークで性能比較! 4

Geekbench 3スコア:489

第3世代iPadのスコアはiPad Airに比べると5分の1以下となってしまっています。第3世代iPadに搭載されたA5Xチップはまだ登場してから1年半くらいしか経っていませんが、最新のプロセッサに比べると隔世の感があります。

iPad mini

iPad Air、第3,4世代iPad、iPad mini、iPhone 5sでベンチマークで性能比較! 5

Geekbench 3スコア:497

こちらもスコアは低めとなっています。しかし、今後A7プロセッサを搭載したiPad mini Retinaディスプレイモデルが登場すれば、相当なスペックアップになりそうですね!

iPhone 5s

iPad Air、第3,4世代iPad、iPad mini、iPhone 5sでベンチマークで性能比較! 6

Geekbench 3スコア:2554

こちらも相当速いです!1.3GHz駆動のA7プロセッサは前世代のプロセッサの2倍近い性能を達成しています。

iPhone 5c

iPad Air、第3,4世代iPad、iPad mini、iPhone 5sでベンチマークで性能比較! 7

Geekbench 3スコア:1277

iPhone 5cに搭載されたA6プロセッサもかなり速いです。ついこの前まで最新機種だったiPhone 5に搭載されていたプロセッサですから、それ相応の実力を備えているってことですね。

Geekbench 3ランキング

1位:iPad Air:2694

2位:iPhone 5s:2554

3位:第4世代iPad:1427

4位:iPhone 5c:1277

5位:iPad mini:497

6位:第3世代iPad:489

ベンチマークスコアでは上のような結果になりました。今回のベンチマークでは、iPad AirやiPhone 5sに搭載されたA7プロセッサの凄まじい性能が確認できたと思います。

そして、毎年毎年性能を倍近く上げるモバイル向けプロセッサの進化の速さにも驚かされるばかりですね!

(塚本直樹)