iPad mini Retinaは液晶の焼き付き問題で発売日が延期? サムスンが液晶サプライヤーに参加との情報も…

iPad mini Retinaは液晶の焼き付き問題で発売日が延期? サムスンが液晶サプライヤーに参加との情報も… 1

iPad mini Retina、かなり生産に苦戦しているのでしょうか…。

iPad mini Retinaの発売日は未だに「11月中」としか案内されておらず、現時点ではその正確な発売日を知ることはできません。しかし、その発売日が確定しない理由について、韓国筋から気になる情報が伝わってきました。

韓国語サイトのETnewsによると、iPad mini Retinaは液晶ディスプレイの焼き付き問題で開発が遅れているそうなんです。この焼き付きは人の目は認識できないものの、アップルの製品基準には満たないものであるとのこと。確かに、目に見えなくても画面が焼き付いていたらちょっと嫌かも…。長く使うものだから。

そして、iPad mini Retinaの液晶ディスプレイはシャープのIGZOディスプレイとLG製品が採用されているそうなんですが、特にシャープのIGZOディスプレイで問題が発生しているとの噂も…。日本人としてはとっても気がかりなニュースです。

さらに、アップルは液晶ディスプレイの品薄を解消するためにサムスンとも交渉しているそうです。アップルとサムスンは犬猿の仲であることが知られていますが、iPad mini Retinaを安定的に供給するためには協力をあおぐことも必要なのかもしれませんね。なんだかんだいってiPhone 5sやiPad Airに搭載されているA7プロセッサもサムスン製ですし。

iPad mini Retinaは発売当初は極度に品薄になるなんて噂もありますが、はたして今月無事に発売できるのでしょうか? 心配です…。

ETnews

(塚本直樹)