iPad mini Retina解体:A7チップはiPhone 5sと完全に一致

iPad mini Retina解体:A7チップはiPhone 5sと完全に一致 1

同じA7でも、iPad Airとは微妙に違う。

RetinaディスプレイになったiPad miniがついに発売されました。そしてさっそく、iFixitが恒例の解体でその中身を見せてくれました。

Retinaディスプレイになったこと以外では、旧iPad miniと比べて変わったところは小さなものでしたが、注目したいのはA7チップが型番までiPhone 5sと全く同じ(APL0698)ってことです。iPad AirではAPL5698と微妙に違うものが搭載されてたんですが、iPad miniとは完全に共通化したんですね。

修理のしやすさに関しては10段階評価で2(iPad Airと同じ)なんですが、良いニュースもあります。液晶とかフロントパネルのガラスとかバッテリーといった壊れやすい部品が、みんな簡単に取り外せて、交換しやすいってことです。ただLightningコネクタなんかはロジックボードにハンダ付けされていて、取り外すのは基本的に無理みたいです。

iFixit

Mario Aguilar(原文/miho)