iPad mini RetinaとiPad mini、一見そっくりだけどやっぱり違う(動画あり)

iPad mini RetinaとiPad mini、一見そっくりだけどやっぱり違う(動画あり) 1

どっちがiPad mini Retinaだと思いますか?

ちょっと簡単な質問ですが、左が正解です。右は先代のiPad mini。クリックすると拡大写真が見れるのでもしよかったら見てみてください。本日発売されたiPad mini Retina、先代のiPad miniと比べて実感するのは、Retinaディスプレイのきめ細かさ。もちろんディスプレイだけじゃなく色んなところが変わっているので、色々見てみました。

持ってみた感じ

先代のiPad miniが312グラムだったのに対してiPad mini Retinaは341グラムと30グラムほど重くなりました。30グラムってだいたい大さじ2杯くらいなんですよね。ほんの少しなのですが、2つを比較するとRetinaモデルは少し重くなったと感じます。片手で長時間持つ、ということを考えると結構疲れる原因になってきそうな予感。でも両手で持つと全く問題はないので、やっぱり片手というよりも両手持ちで使おうかと思っています。

先ほど、少し大きくなった印象って書いたのですが、変わったのは厚さだけ。0.3ミリ分厚くなりました(両モデルとも高さは200ミリ、幅は137ミリ)。でも、なんとなく…厚さだけじゃないような気がしてしまうのは重さのせい?

iPad mini RetinaとiPad mini、一見そっくりだけどやっぱり違う(動画あり) 2

あと気づいたのは、iPad mini Retinaには背面にマイクが付いていること。この写真で、上に載せている方がRetinaディスプレイモデルです。

ディスプレイ

iPad mini RetinaとiPad mini、一見そっくりだけどやっぱり違う(動画あり) 3

トップ画像にあるようにやっぱり全然違う! 遠目で見ただけでも違います。

あと、比べて感じるのは先代のiPad miniの方が画面全体が明るく(両方とも明るさはMAXにしています)、少しだけピンクがかった印象です。対して、iPad mini Retinaは少しだけ暗く感じます。

それにしても文字がきれい! 圧倒的ですね。自分でもビックリしてしまいました。

使ってみた感じ

RetinaディスプレイちゃんとiPad miniちゃんで速さを比べてみたのが上の動画。ちなみに何度か試した結果(その差は僅差だったり圧倒的だったり安定はしていないのですが)、iPad mini Retinaが負けることはありませんでした。ぱぱっと表示されますね。

iPad mini RetinaとiPad mini、一見そっくりだけどやっぱり違う(動画あり) 4

ベンチマークスコアは圧勝です。今回もベンチマークソフト「Geekbench 3」を使ってみましたが、本当に圧倒的。やっぱりA5チップとA7チップは全然違う。先ほどの動画だと少し速いくらいだったのですが、数値にしてみると「こんなにも進化しているのか」と改めて感動しちゃいました。もちろんiPad miniだって遅すぎるわけではなく、普段使う分にはストレスを感じません。でも、やっぱりiPad mini Retinaと比べちゃうとなぁ。その差は歴然。

お値段とか考えてみて

iPad mini Retinaは16GBで4万1900円なのに対して先代は値下げ(発売当時よりは高くなっているという皮肉…)していて3万1800円。1万円違うんです。この差をどう見るか。

iPad mini Retinaは間違いなく素晴らしいガジェットです。私は手も小さい方なので、この7.9インチくらいの大きさが本を読むにもブラウジングするにもベスト。ただ他の強豪タブレットと比較してみても決して気軽に買えるお値段ではありません。はじめのうちだけかもしれませんが、使う時にちょっと緊張してしまう私がいます。絶対に…傷つけないぞ。大切に使おう。

※一部表現を修正させていただきました。ご指摘ありがとうございます。

Apple

(嘉島唯)