iPhone 5s買って14日目で大破。クラッシュiPhoneカッコよすぎ自慢ものだわ

1112iphone5s.jpg

かっこいいっしょ?

予約して買ったばっかiPhone 5sシルバー32GB大破! フロント部分が全部吹っ飛んで中身の液晶飛び出してる! もう何も映らないし使えない! でも壊れたモビルスーツみたいでカッコいい!!

ガラス面はひとカケラすら残ってないし、ホームボタンも無いよ! 潔く壊れてくれて気持ちがいいね。特にカメラ周辺の液晶配線周りが千切れて飛び出してるんだが、そこが凄くメカメカしくて萌えるな…。あと、液晶の下の鉄板の侘び寂びハンパねえ。渋くツートンに輝いていてて味わい深い色味だ…。

皆のクラッシュiPhone集めてさ、その美術性を哲学したいね。なんでこんなカタチに壊れたのかな…とか、マシーンが朽ちてゆくまでの文脈を妄想する会を今度俺とやりたい方はいませんか?

愛するジョブズ先生も、生前、iPhoneについてこう言ってたのさ。

特に雑な扱いをしてたらひどく傷つくよ。でも、だから? モノなんて使っていたら傷がつくもんだ。それにその経年劣化がアジを出してくれたりもする

そう! はき古したジーンズのようにね!

まあ、今回のこの5sの壊れっぷりはアジを通り越してゴミになったレベルなんだが。

ところでなんで俺のiPhoneこんな壊れたかというと、よくわからなくて。昨晩タクシー乗ったんすよ。んで、降りたらフロントパネルなくなってた…。

クリビツテンギョーですよ。なにが起きたの?! 富士山でマグロ釣ったくらい驚き。目ん玉ひんむいて「なんでや?」って一緒にいた全く罪のない友人に30回くらい聞いたけど、たぶん妖精がイタズラしたのかなってことで納得してとりあえず酒のんで寝た。

んで翌日、ぶっ壊れてカッコいいのはいいんだけど(壊れた状態の写真もたくさん撮って満足したしね)、使えないのは凄い困るから、とりまAppleストアに持ってったら「全損」より上ランクの「修理不能」と診断された! フロントパネル無くなったら正規店では保証が効かないだけでなく修理もできないルールなのだと言う。

別のとこに持ってくしかねえや! ってことで、次に正規の修理専門店に持ってったら、なんと! 大学の後輩のU君が働いてた。クラッシュiPhoneが導いてくれた友との再会。ちょっと感動。でもだからと言って現実は変わらず、大学の頃に比べやたら太ったUの野郎に「センパイ、無理っす。正しい使い方してたらタクシーにiPhoneのフロントパネル落したりしないっしょ」と爽やかに正論を言われ、ここでもやっぱ正規ルートでの修理を断られたのであった。「だよね~」みたいになって速やかに退散。

ということで非正規の修理屋へ行くことに。見積もってもらったら、どこもだいたい3万数千円といったところ。高っ。でもこの損傷具合からすると安い気もする。

ってか修理代より何より、いっちゃん困るのは、今iPhone 5s壊しちゃうと修理に時間がすげーかかるってこと。修理そのものの時間ってゆーか、パーツ取り寄せに時間がかかる。なにせ最新機種のiPhone 5sだからさ、交換用パーツの在庫が全然無いんですよ。そのせいでiPhone 5sの修理は受付停止してたり、まだ対応できてない非正規修理業者は多いようだね。iPhone 5以下であれば、よほどじゃない限り修理に出しても即日直って帰ってくるんだけど。

なんか色々と修理業者さんに聞いてみたら、iPhone 5sは、今のところ液晶モジュールは比較的入手しやすいみたいなんだけど、特に指紋認証付きホームボタンがなかなか市場に流通していない! 入荷はいつになるか不明! どの業者も皆そんな感じ。つまり画面割れは比較的すぐに直せる可能性が高いけど、ホームボタンがとれたりしたら、いつ直せるかわからない。

iPhone 5sを持ってる人は今大破させると色々面倒ですよ! 注意して適度に格好良く壊して下さい。

というわけで、まあしょうがないから昔使ってたiPhoneに5sのnano SIMカードを挿して使うことにして、5sのパーツが手に入るまで待つことに。

今まで俺が使ってきたiPhone達を並べてみた。左から3GS、4s、5s。

1112crashiphoneallstar.jpg

そう、4sもこれまたカッコいいクラッシュiPhoneなんですね。

1112iphone4s.jpg

このクラッシュ4sは、俺がこれまでに出会った数多くのクリエイターやアーティストの皆さんも唸った超カッコ良い機体! フリックするたびにガラス片が親指にグサグサささる! 特に今回クラッシュした5sと同様、部品が剥き出たカメラ周りのメカっぽさが凄くカッコいいですよね。ホームボタンの左側が三角のかたちに割れてるのもオシャレな壊れ方です。この状態でも問題なく動いていたし、ガラス面の割れ具合がかなり気に入っていたからしばらく使っていたんですが…とうとうタッチパネルに不具合が出て仕方なく5sに変えたんですよね(14日でぶっ壊れたけど)。

というわけで、俺の所有している唯一まともに動くマシーン、3GSに5sのnano SIMカードを挿入しました。ちなみに、iPhone 5以降採用されているnano SIMから前世代機へSIMを移植するには、SIM変換アダプターなるものを使います(SIMの入れ替え方法についてはググるとすぐ出てきますよ)。僕はヨドバシカメラ新宿店で買いました。取り扱っていない家電量販店も多いです。あとはAmazonでも普通に買えますね。今回は急いでいたので実店舗へ行きましたが。

なんかあまり5sから3GSへのnano SIM移植報告がネット上では見当たらないんですが、俺の5sのnano SIMを入れた3GSは普通に通話やメール出来てます。もちろん5sも3GSも同一キャリア(ソフトバンク)の端末。異なるキャリアの端末間でSIMを交換しても使えません。

ま! とりあえず電話が使えるようになったから良かった良かった。

それにしても5sが壊れてから3GSで無事に通話出来るようになるまでの一日は面白かったな。ふとすると、つい無意識に壊れたiPhoneをジーンズのポケットから出してホームボタン(があった場所)を押してしまう俺…。普段どんだけ携帯電話に精神依存してるんだ。試しに壊れたiPhoneを家に置いてコンビニ行ってみたけど…iPhoneがポケットに入ってないと、それだけで違和感がパネエ! iPhone中毒者の禁断症状である。でもそんな異常な状況下、GPSとコンパスに頼らず紙にメモった修理屋の住所を巡る旅も、iPhoneが存在しない異世界からのリアル脱出ゲームみたいで楽しかったよ。

壊してもカッコいいiPhone。使えなくなっても楽しいiPhone。いいね!

おわり。

(西條鉄太郎)