古いiPhoneが時計やテーブル、アクセサリーに生まれ変わる

2013.11.23 08:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20131120oldiphonedecorations.jpg


古い物は生まれ変わって新しく。

前に使っていた端末、新しいのがでれば見向きもされません。捨てられずにずっと並べてとっている人、キレイに使ってすぐさま下取りにだす人、さっさと捨ててしまう人。新しい端末を手に入れてしまえば、古い物への対応は人それぞれでしょう。古くなるのは何も新しい物がでた時だけではありません。修理が必要となった時、部品ごとに壊れ古くなり、取り替えられていく場合もあります。さよなら、古いやつら…。が、iPhoneの修理を行なうTwice Usedという会社は、古くなったiPhoneにこそ注目し、インテリアを作り出しました。

Twice Usedは、修理の時にでるiPhoneのディスプレイを、今まで年に数千という単位で破棄してきました。それらは壊れ過ぎて修理できない状態になっていたもの。そこで、スタッフの1人Chris Koerner(クリス・コーナー)さんが始めたのがこれ。iPhoneのパーツを写真立てや、コーヒーテーブル、時計やアクセサリーやコースターとして新たなにデザインして使うという試み。iPhoneに物としての第2の人生を与えるわけですね。


20131120oldiphonedecorations01.jpg


制作は全て、Twice Usedがあるアラバマ州で行なわれています。壊れたiPhone部品がたくさんある(ディスプレイなら今は2万枚程)といっても、第2の人生インテリアとして生まれ変わるには、本当にたくさんの部品が必要になります。例えば、コーヒーテーブルには100枚、時計ならば12枚。常に材料(壊れたiPhone)不足の状態。そこで、Twice Usedは、Kickstarterプロジェクトを立ち上げて、他の修理業者との提携を呼びかけています。興味がある人は参加してみては。

自分のiPhoneでオリジナルアイテムを自作するのもいいですね。


Venture Beat

そうこ(LILY HAY NEWMAN 米版

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ANKER Astro M3 モバイルバッテリー 13000mAh
  • Anker
  • SPIGEN SGP iPhone5/5S ケース ネオ・ハイブリッド
  • SPIGEN SGP
・関連メディア