iTunesを使って昔のiPadのデータをiPad Airに復元する

iTunesを使って昔のiPadのデータをiPad Airに復元する 1

iCloudからの復元に続き、iTunesでのバックアップ&復元方法を紹介しますね。Wi-Fi環境が無い場合、バックアップするデータが巨大な場合にはこちらの方法がおすすめです。

事前準備:iTunesに昔のiPadのバックアップを作成する

iTunesを使って昔のiPadのデータをiPad Airに復元する 2

まずはアプリをiTunesにバックアップしておきましょう。「ファイル」→「デバイス」→「購入した項目を○○○○のiPadから転送」をタップ。これでiPad内のアプリがiTunesへと登録されます。

iTunesを使って昔のiPadのデータをiPad Airに復元する 3

続いてiPadの各種設定のバックアップ。iTunesでiPadを開き、「このコンピュータ」にチェックを入れ、「今すぐバックアップ」をクリック。iPadのバックアップデータがiTunesに保存されます。

iPad AirにiTunesのデータを復元する

iTunesを使って昔のiPadのデータをiPad Airに復元する 4

初期設定画面で、「iTunesバックアップから復元」を選択します。なお、すでに初期設定が済んでいて使える状態になっている場合はiPad Airを一度リセット。工場出荷状態に戻せば初期設定を開始することができます。ただし、それまで保存されているデータは消えてしまうのでご注意を。

iTunesを使って昔のiPadのデータをiPad Airに復元する 5

この画面が表示されたらLightningケーブルでiPad Airとパソコンを接続します。

iTunesを使って昔のiPadのデータをiPad Airに復元する 6

新しいiPad Airをどうするか? iTunesで問われるので、「このバックアップから復元」にチェックを入れ、プルダウンメニューから最新のバックアップを選択。「続ける」をクリックすればiTunesからiPad Airへとデータが復元されていきます。

iTunesを使って昔のiPadのデータをiPad Airに復元する 7

復元後Apple IDへのログインを求められたらパスワードを入力。その後iTunes内のアプリデータがiPadへと書き戻されていきますよ。これで環境の復元は完了です。いつもの環境が戻ったところで、引き続きかる〜い、うす〜いiPad Airをお楽しみください!

iTunes

(小暮ひさのり)