家にもキーレスエントリー! なKevo、試してみました

家にもキーレスエントリー! なKevo、試してみました 1

iPhoneがポケットに入ってれば、タッチでカギが開きます。

家に着いた、と思ったら、カギがない! つい何秒か前まで手に持ってたはずなのに…ゴソゴソ…どうしよう…? …なんてこと、大人になってもありますよね。でもそれは、カギを開ける手段が物理的なカギしかなかったせいかもしれません。未来から来た錠前、クイックセット社のKevoなら、ひとつじゃなく3つの手段でカギを開けられます。だからもう、カギがなくて家に入れないって事態もなくなるんです。

Kevoって?

それはスマートな錠前です。その錠を開く方法は3種類、キー・フォブ(小さなタグみたいな認証装置)と、Kevoのモバイルアプリで生成されるeKey、または昔ながらのいわゆるカギがあって、そのどれかがあればOKなんです。

どこがすごいの?

家関係のスマートなデバイスって、それなりにテクノロジーの知識が必要だったりして、たいていの人は敬遠してしまいます。新しい方法を学んだり、慣れたりするのに使うエネルギーを想像するだけでも面倒で、ちょっと試そうという気すら起こらなくなってきます。

でもKevoには、昔ながらの物理的なカギも使いつつ、新しい「モノのインターネット(Internet of Things)」の世界に導いてくれるような柔軟性があります。ユーザーがデバイスに合わせて賢くなるんじゃなくて、デバイスの方がユーザーの賢さに合わせてくれてる感じです。

デザイン

家にもキーレスエントリー! なKevo、試してみました 2

見てくれは、やけにかっこいいシリンダーロックです。タッチを感知するリングが鍵穴を取り囲んでいて、キー・フォブとかiPhoneにあるeKeyと連動し、手でタッチするとドアのロックを開けてくれます。内側には電子部品と頭脳と電池が詰まっています。そしてボルトの機構がその間に収まっています。

使ってみてどう?

使う前にまずこの錠の取り付けがあるんですが、もし素の新しいドアに穴を空けてくっつけるんだとしたら、「匠」並みの技とかパワードリルが必要かもしれません。でももし普通の錠から入れ替えるんだとしたら、やることはすごくわかりやすいし、付属してるマニュアルもかなり詳細に書かれてます。さらに専用のヘルプデスクもあって、本当に困ったときは電話できます。取り付けが終わったら次はキー・フォブのキャリブレーションとeKeyの発行ですが、そっちは大体10分くらいでできます。

セットアップ完了後、まずキー・フォブを使ってみましたが、本当にスマートにドアを開けられます。ただカバンとかポケットに入れっぱなしでよくて、キー・フォブが錠の近く、大体2~4フィート(約0.6~1.2m)の範囲内にあれば、鍵穴のリングにタッチするだけでロックが開くんです。もう、カバンの中をゴソゴソやってカギを取り出す必要はないんです。

eKeyを使う方法も同じくらい簡単で、ある意味もっとラクでもあります。というのは、キー・フォブとかカギといった物理的なモノを持たなくていいんです。Kevoアプリ(今はiOS用しかないんですが)でeKeyを発行するんですが、それはデジタル証明書で、錠に送信されるとそれを開ける権利があることを証明してくれるんです。さらにテンポラリのeKeyも発行できて、友達とか家族に渡せます。ゲスト・パスでできるのは錠の開閉だけで、他のカギの管理や履歴閲覧はできないとか、権限管理もしっかりされてます。

最後に、通常のカギを使った方法は、まあ普通のカギです。みんな、使い方を知ってます。でもKevoのすごいところは、シリンダーの部分だけ簡単に入れ替えられることです。つまり新しいカギを使う必要はなくて、持っているカギをそのまま使い続けられるってことです。

好きなところ

カギをカバンの底から発掘する日々が、終わります。キー・フォブかiPhoneを持っていれば、カギ穴のリングをタッチしてドアノブをひねるだけでドアが開くんです。今まで20秒とか30秒、場合によっては数分もかかっていた作業が、3秒で終わります。ちなみにモバイルアプリはバックグラウンドで動くので、ドアを開けるためにアプリを立ち上げるなんて必要はありません。

簡単だからって、従来の錠前よりセキュリティが弱くなるわけじゃありません。Kevoのシリンダーはピッキング、バンピング(特殊なカギで錠を破る手法)ともに耐性がありますし、eKeyで使う信号は軍用級のPKI暗号で守られています。またKevoはユーザーが家の中にいるかどうかも検知するので、家に帰った後に侵入者が入ってこようとしてもちゃんとわかります。仮にキー・フォブとかiPhoneがKevoから検知可能な範囲にある場合でも、ドアを開けようとしてる人物が本来のユーザーなのか悪意の第三者なのか、ちゃんと見分けてくれるんです。

好きじゃないところ

価格が220ドル(約2万2000円)と、錠前としてはちょっとためらうような金額です。それからiOS以外サポートしてないので、もしAndroidユーザーの人が使うとしたら、キー・フォブか普通のカギしか使えないことになります。

買うべき?

価格の高さには引いてしまいますが、出かけるときに「カギ持ったっけ?」っていちいち思わなくてもいいのとか、帰ってきたときに「えーと、カギカギ…」ってやらなくていいのは画期的ですよね。

ちなみに日本では使える?

日本からも米国Amazonで注文可能ということで、さっそく人柱になられた方がいました。残念ながら上に書かれてるほどサクッと取り付けはできなかったみたいで、この記事時点ではまだ使えていないようです。でも取り付ける方法はいくつかあるそうなので、ぜひ実際使ってみてほしいです!

KevoRBB Today

Andrew Tarantola(原文/miho)