ビッグデータをスポーツ観戦に! ウィンブルドンの最新ITトレンド感が半端ない

Mugendai

ビッグデータをスポーツ観戦に! ウィンブルドンの最新ITトレンド感が半端ない 1

日本にもはよ。

テニスの国際大会として有名なウィンブルドン選手権の最新ITトレンド感がすごいです。

TwitterやFacebookのソーシャル連携はもちろん、iOS、Androidといったスマホやタブレットへの試合のストリーミング配信、さらにすごいのが、最近CMなどでちょこちょこ聞くようになってきたビッグデータの利用です。

ウィンブルドンでは、ビッグデータを使ってIBM SlamTrackerというWebサイトから、その試合の重要な3つの見どころがわかるようになっています。テニスにあまり馴染みがなくても、その試合のどこを楽しめばいいかわかるのはうれしいですね。

ここまでITトレンドを押さえてフル活用されていると、見る側も便利になりますね。様々なデータを見ながら、スマホでストリーミング観戦する。もう少し先だと思ってたことがウィンブルドンではもう実現しています。日本のスポーツでもこういう取り組みが進むといいなあ。

詳しくはMugendaiで読むことができます。スポーツ観戦とIT、興味ある方はぜひ読んでみてください。

Mugendai

(ギズモード編集部)