フェイスブック、カーソルの動きを追跡するテストを実施中

フェイスブック、カーソルの動きを追跡するテストを実施中 1

「フェイスブックがアップグレードを準備している」と聞くと、大半の人はこれ以上トラッキングできる部分なんてないと思いますよねー。ところがウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によると、同社はまだまだ手を緩めるつもりがないようです。

フェイスブックでデータ分析チームの長を務めるケン・ルディン(Ken Rudin)さんは、最近、WSJに対してユーザー行動の新しいトラッキング計画を明らかにしました。一言でいえば「より密接な行動追跡」ということになるでしょうか。同社は現在、ユーザーのニュースフィードが画面上に表示されている際、そのページのどの部分にどれだけカーソルを合わせていたかを全て記録するテストを実施しています。

そう。フェイスブックは、カーソルの動きや位置を全て知りたがっているのです。いつでもね。

フェイスブックはその規模の大きさにも関わらず、こうした試みを先陣切って行う珍しい企業といえるでしょう。オンライン写真素材集のシャッターストック(Shutterstock)もそのひとつで、「ユーザーがクリックした写真」から「クリックしようとした写真」まで、全ての動きを追跡しています。数年前、マイクロソフトが手軽なJavaScriptのプログラムでこうしたトラッキングを容易にする方法を開発しました。フェイスブックはマイクロソフトと親密な関係にあり、こうした手法が同社のサービスにも影響しているのかもしれません。

ただし、フェイスブックは実際に導入するわけではなくても、こうした様々な可能性をテストしているだけかもしれません。カーソル追跡テストについて、ルディンさんは「これは終わりなき過程だ」と説明しています。曰く、「実際に公開されるかどうかは約束できない。我々も、この数か月のうちに分かるだろう」とのこと。でも、この事実が明るみに出たというだけでユーザー的にはちょっと微妙な気持ちになるかもしれませんね。

WSJ

image by:1000 Words / Shutterstock.com

ADAM CLARK ESTES(Rumi /米版