自分ではゴミを拾えない「ゴミ箱ロボット」(動画あり)

自分ではゴミを拾えない「ゴミ箱ロボット」(動画あり) 1

人間と「共生」する新しいロボットのカタチ。

豊橋技術科学大学の岡田研究室が開発したゴミ箱ロボット「Sociable Trash Box」。ゴミ箱ロボットとはいうものの、「Sociable Trash Box」にはゴミを拾い上げる能力もなければ、それを識別し仕分けする能力もありません。よちよちと動き回りながらゴミの近くに移動し、動きと音声で人にゴミを拾い入れてもらうよう「お願い」するのが彼のできること。人の手を借りることではじめて完成するロボット、それが「Sociable Trash Box」です。

このロボットのアイデアのもとになったのは赤ん坊。本来はなにもできないような弱い存在であるにもかかわらず、ときどきぐずりながら、結果としてミルクを手に入れ、行きたいところにも移動できてしまう彼ら。全部自分のちからでできなくても、周囲の助けを引き出すようコミュニケーションがとれれば目的を達成することができる。開発者の岡田教授はそんな「弱さを通じて生まれるコミュニケーション」や「共生」に注目。そして自分ではゴミを拾えない「ゴミ箱ロボット」が誕生したんだそうです。

こんな愛くるしいロボットとだったら、人間も仲良くやっていけそうですね!

ICD lab via nippon.com

(KITAHAMA Shinya)