なんですかこれ? グーグル本社隣の会社が作った謎の飛行物体

131121GoogleDrone.jpg

空飛ぶ車、クアッドコプター、ドローン、メーヴェ、換気扇を足して割ったような…

グーグル本社からホップ・ステップ・ジャンプの至近距離に、こんな謎の飛行物体を開発している会社があります。名前は「Zee.Aero」。

今年8月に「個人所有の小型飛行機」なるものを特許申請した会社です。これがその図。

131121GoogleDrone_b.jpg

131121GoogleDrone_c.jpg

サンフランシスコ・クロニクル紙が「Zee.Aeroはグーグル本社の中と呼んでいいぐらい至近距離にある」(謎の洋上コンテナ騒がれた自走車やグーグルグラスなんかを作ってる最先端技術開発部グーグルXラボの目と鼻の先)と20日報じたら、この図そっくりの実機の写真が既に2枚あることがわかりました。

まず一番上の写真。グレッグ・エスピリトゥ(Greg Espiritu)さんが1年近く前、グーグル本社対岸のアラメダ市にある元海軍基地上空をヘリで旋回中、「およん?」と思ってズームして撮ったものです。

2枚目はこちら、トーマス・シェパード(Thomas Shepard)さんが2012年1月、Zee.Aeroのサイト登録先のオフィス所在地で撮った写真です。

131121GoogleDrone_a.jpg

「垂直離着陸用のプロペラが翼の上に沢山ついている。機体はほとんどカバーで覆われていた」―シェパードさん

面白いことに、20日の初報段階では「住所も電話番号もメールアドレスも問合せフォームもない、3ページしかないサイト」で、「空飛ぶ車つくってる会社にしては怪しいぐらいスカスカだ」と言われていたのに、今見たら…急に格好良くなっちゃってる! これには記者さんも驚いてツイートしてますが。

グーグルとZee.Aeroにはコメントをお願い中です。

[Zee.Aero via SFGate-1, 2 via @machinestarts]

ASHLEY FEINBERG(米版/satomi)