川におくだけで充電可能! コンパクトなポータブル水力発電機(動画あり)

発電って、結構気軽にできるんですね。

水力発電と聞くと巨大なダムや河川で行う大規模なプロジェクトを想像しますが、もっと手軽な片手で持ち運べるポータブル水力発電キット「Hydrobee」が、クラウドファンディングサイトのKickStarterにて出資を募っています。

川におくだけで充電可能! コンパクトなポータブル水力発電機(動画あり) 1

このHydrobeeの使用方法は至極簡単、流されないようにロープで固定して、川に投げ込むだけ! これだけで、1万5000mAhのバッテリーが2〜3時間でフル充電されます。本体に内蔵されたバッテリーはUSB電源出力が可能で、スマートフォンの充電なんかにも利用可能です。想定できる利用方法としては、キャンプなどでかなり強力な電源供給減になってくれそうな予感です。

KickStarterの募集金額を見ると、78ドル(約7900円)を支払えば資金調達が達成された時にHydrobeeを1台入手できるようです(ただし、アメリカ国外の場合は50ドルの追加送料が必要)。

川に流す以外にも、蛇口に付けて発電したりボートの後ろに流して発電したりと、なかなか応用も効くようです。実際に発売されればアウトドア好きからかなり注目を集めそうですね!

KickStarter via J-tokkyo

(塚本直樹)