『ライ麦畑でつかまえて』のサリンジャー未発表作品、ネットに流出

『ライ麦畑でつかまえて』のサリンジャー未発表作品、ネットに流出 1

読んでいいのか悩みつつ。

最近、小説あんまり読んでないんです…。読みかけのものとかはあるんですけど、何かこう気が乗らず。でも読んでみたくなる作品が、非公式ながら公開されたみたいです。『ライ麦畑でつかまえて』のJ.D.サリンジャー未発表作品が3つ、ネット上に流出してるんです。

その3つとは、『The Ocean Full of Bowling Balls』(直訳;ボーリングの球でいっぱいの海)、『Birthday Boy』『Paula』です。最初はeBayでオークションにかけられていて、その後PDFで公開されました。『Three Stories』とストレートに題された本からスキャンした模様で、その本にはISBN番号とバーコードは付いてたんですが、それをたどっても何も見つかりませんでした。

3作品のうち特に『The Ocean Full of Bowling Balls』は『ライ麦畑』の登場人物に関連しているらしく、興味深いです。この作品はこれまで、プリンストン大学のファイアストン図書館でしか読めませんでした。他の2作品に関しても同様に、テキサスのランサムセンターでのみ公開されていました。ちなみに3作品とも、本物のサリンジャー作品であることが確認されています。

サリンジャーは2010年に亡くなっていますが、この流出については喜ばないかもしれません。彼はプライバシーをとても重んじる人で、死後50年はこれらの作品を出版しないように遺言を残していたんです。なので流出したPDFを読むとしたら、これまでも細々と公開されていたとはいえ、亡くなった人の日記帳を読むような感じになってしまいそうですね…。うーん。

Reddit via Buzzfeed via Verge

Jamie Condliffe(原文/miho)