「ラディアント・オーキッド」って? パントンから2014年の色が発表

131207_pantone2014.jpg

魅惑的な蘭の色。

パントン2014年の色を発表しました。この画像の色です。その名も「ラディアント・オーキッド(輝く蘭)」、テクニカルにはPANTONE 18-3224と名付けられてます。ピンクがかった紫、といったらいいでしょうか。微妙にスモーキー(ディスプレイのホコリのせい?)で、良い塩梅の色ですね。パントンが選んだ色は服とかカーテンとかスマートフォンケースとかいろんなものに使われるので、これからあちこちで遭遇しそうです。

パントンがどうしてこのラディアント・オーキッドを選んだかって、ちゃんと理由があります。パントンのエグゼクティブ・ディレクター、リートリス・エイゼマン氏は次のように説明しています。

フューシャ(鮮やかな赤紫)と紫、そしてその奥のピンクによる魅惑的なハーモニーで、ラディアント・オーキッドは自信を呼び起こし、喜びと愛、健康を漂わせます。そのあでやかな紫は、心を捉える魅力で人を引き付けます。

なんかこう、魅力、魅惑ってのがポイントみたいです。ちなみに2013年の色はエメラルドでした。どちらもきれいな色ですが、ラディアント・オーキッドの方がちょっと渋めで実用性高いかもしれませんね。

Pantone

Jamie Condliffe(原文/miho)