奇跡か、無敵か。時速300kmで横転大破する車のドライバーが軽傷で生還(動画あり)

地上速度記録を争うイベントで信じられない事故が起きました。激しい横転によって部品という部品が壊れ、剥がれ、空中に放り出され、一瞬にして乗り物だと認識できなくなるほど崩壊していく自動車。怖すぎです。ヤバすぎです。

でも何よりも驚きなのは、この車を運転していたレーサーのブライアン・ジレスピー(Brian Gillespie)さんがほんの軽傷で生還したこと。奇跡か無敵か、あるいはその両方か。いずれにしても凄い…!

ブライアン・ジレスピーさんは改造しまくったホンダ・インサイトで大会に出場して速度記録に挑戦していましたが、時速300kmを超えたあたりで横転。これだけの衝撃を受けながら軽傷で済んだのは、「信じられない」といった言葉で語れるレベルを超えていますね。

Bangshiftによると、ジレスピーさんは現在、何の問題もなく過ごしているとのことです。

CASEY CHAN(Rumi /米版