中国、月に進出。探査ロケット「嫦娥3号」打ち上げ成功

2013.12.04 12:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

131204_chineserocket1.jpg


ちょっと残骸落ちたけど、まずは成功。

中国が宇宙開発レースに進出してから10年が経ち、彼らは今月を目指しています。12月2日、中国の月着陸船「嫦娥(じょうが)3号」を搭載した長征3Bロケットの打ち上げが成功しました。嫦娥3号が無事月に着陸すれば、中国は地球の国家として史上3番目に月に到達することになります。

中国の月の女神になぞらえて嫦娥と名付けられたその着陸船は、中国としては初めて、地球外の天体に軟着陸しようとしています。それは今まで冷戦時代の米国と旧ソ連しかなしえていないことで、今回成功すれば、中国は1976年以来初めて月に宇宙船を着陸させることになります。

予定では、嫦娥3号は月の「虹の入り江」と呼ばれる地点に12月中旬に到着します。その後六輪の太陽発電式探査機「玉兎」3台を放って3ヵ月間探査を行い、地中レーダーで月面の地質調査をするとともに、地球のプラズマ圏観測のための望遠鏡も設置する予定です。

中国は宇宙開発レースでは後発ですが、軍の支援でこの10年間急速に進歩してきました。嫦娥3号のミッションがうまくいけば、中国は2020年末までに再度月探査船を打ち上げて、そのときは土壌サンプルの収集を目指す予定です。さらに、2020年代前半の有人ミッションも視野に入っているそうです。


131204_chineserocket.jpg


ただ今回の打ち上げ後にロケットの残骸が民家に落下したと報じられていて、しかもその地域の人たちはもう今まで何度もそんなことがあったので慣れているとのことです。けが人はなく、壊れた民家にも補償金が出るとのことですが、そういう問題なのかとかいろいろ気になります。


R&D MagUSA TodayMSN産経、Image:AP Images]

Andrew Tarantola(原文/miho)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宇宙系の話題っていいよね。

  • 日経 サイエンス 2014年 01月号 [雑誌]
  • 日本経済新聞出版社
  • マルチデバイス対応 cheero Power Plus 2 10400mAh (シルバー) 大容量モバイルバッテリー
  • cheero mart
特別企画

仕事に役立つサンバがあるらしい。

PR

それは一通の手紙からはじまった。 7月某日、ギズモード編集部に謎の手紙が寄せられた。 突如飛び込んできた謎の矢文(やぶみ)。そしてそこに記された不可解な文章。意味不明すぎる手紙に編集部一同が混乱に陥...
続きを読む»