45年前、テクノロジー史上最重要デモが行われました(動画)

マウスが、ハイパーテキストが世に出た瞬間です。

1968年の12月9日、ダグラス・カール・エンゲルバート氏がスタンフォード大学の研究者17人とともに90分間の公開デモを行いました。彼らが発表した技術は、6年間に及ぶ研究開発の成果でした。テクノロジーのあり方を大きく変えることになったそのデモが、上の動画で全て見られます。

このプレゼンテーションはコンピューターのマウスの初の公開デモでした。でもそれだけじゃなく、ハイパーテキストやオブジェクト・アドレッシング、ダイナミックファイルリンク、さらに別の場所にいるふたりの人物がネットワークと音声・ビデオインターフェースを介してスクリーンを共有しながら共同作業を行うといったデモもありました。今となっては当たり前のこうした技術も、当時はただ驚きの連続でした。

エンゲルバート氏は今年7月、88歳で亡くなりました。使いやすく柔軟なコンピューターの世界を作ってくれた彼に、感謝したいです。

Stanford

Jamie Condliffe(原文/miho)