たった650g。YONEXがタブレットほどの重さしかない自転車のカーボンフレームを発表

131218-0351713_01-R.JPG

チタン合金「ゴムメタル」も使用…って、ワクワクする素材名ですね!

テニスラケットやゴルフクラブ、スノーボードのカテゴリでカーボンを使いこなしているヨネックスが、次なるカーボンの活躍の場として自転車のロードレーサー市場にピントを合わせたようです。

  

1312171700_02.jpg

2014年4月から発売されるカーボン製のバイクフレーム「カーボネックス/CARBONEX」は、たったの650gしかない超軽量品。チェーンステーにテニスラケット開発で培われたOval Pressed Shaft技術を採用、さらにダウンチューブとシートステーの一部に弾力性と復元性に優れたチタン合金「ゴムメタル」を使っているとのこと。

ペダルを一踏みしたときの推進力と、ギャップを踏んだときのショック吸収力に優れたフレームなんだろうなあと夢想中です。この夢だけでご飯3杯いけます。

ダウンチューブの「YONEX」の文字もいい感じ!願わくば青と緑のツートンカラーフレームを見てみたい!

お値段40万円ですが、ハイテク・ハイエンドフレームと考えたらお手頃? シマノのメカ&ホイールと合わせて、純国産な1台を仕立てたい…。

※一部修正いたしました。ご指摘ありがとうございます。

ヨネックス

(武者良太)