今度は動画も360度! インタラクティブなパノラマビデオを簡単作成(動画あり)

今度は動画も360度! インタラクティブなパノラマビデオを簡単作成(動画あり) 1

かゆいところに手が届く。

動画を見ていて「別の視点から見たい!」って思ったことありません? 例えば撮影している人の後ろ側はどうなっているんだろう、とか、画面で見切れているこの先はどうなっているだろう、とか。

今回リリースされるEye Mirrorはそれを実現してくれるカメラアクセサリ。再生中の動画内で360°パンできちゃいます。使い方はとってもシンプルで、あらゆるビデオカメラと組み合わせて使うことができます。

Eye MirrorはおなじみKickstarterのプロジェクト。すでに資金が集まっており、サンプルを見る限りかなり良い感じです。

デバイスはコーン型のミラー特別レンズで構成されていて、これを上向きにした状態のカメラに取り付けます。撮影した動画は1つ視点から観た歪んだ映像なのですが、これを特別なビューワーで通常の一人称視点に処理するとパノラマビデオに。グーグルストリートビューの動画版という感じです!

現状、Eye MirrorはGoProと組み合わせて使うのが現実的な感じ。GoPro対応モデルの価格は約250ドル(約2万5千円)です。もっと大きいカメラを使いたい場合は他のモデルもありますが、最上位モデルは約600ドル(約6万円)かかります。GoProに組み合わせる際に、GoPro側を少しいじらないといけませんが、元に戻すこともできるようなので安心ですね。

他にもEye Mirrorを使ったアイデアとして試してみたいと思わされるのは、Kickstarterのページで紹介されているOculus Riftと組み合わせるというもの。サンプル動画を見る限りでは、残念ながら1つの軸に対してだけ360°見渡せるかんじで上下に傾けることはできないみたいなので、世界観にどっぷりハマるにはもの足りない部分も多少ありますが、そうは言っても自分で仮想現実の世界を作れちゃうっていうのはかなりすごいですよね。

[via The Phoblographer]

MICHAEL HESSION (原文/mana yamaguchi)