グーグルがサーバー用のチップを自社開発しようと画策中らしい

グーグルがサーバー用のチップを自社開発しようと画策中らしい 1

グーグルは、自社のサーバープロセッサをARMテクノロジーを利用して開発する事を画策しているようです。

ソース元であるブルームバーグの記事によると、この構想によってグーグルはハードウェアとソフトウェアのインターフェース間のコントロールがさらに行いやすくなるだろうと指摘。また、このインテル独占市場の中で、5番目の上位顧客であるグーグルのこの動きはインテルにとっても脅威になりそうです。

この件についてグーグル側は肯定も否定もしていません。

我々は世界で最高のインフラストラクチャーの構築に日々貢献したいと考えています。これはハードウェアデザイン(すべてのレベルで)もソフトウェアも含まれます。

とのこと。

ARMベースのチップはモバイル分野ではとても拡がりましたが、サーバ市場への進出はまだです。AMDはすでにARMアーキテクチャを利用する計画を発表しています。

そしてグーグルはすでにチップに関心を示していることを示唆するような動きもありました。8月にデータセンターで使用されるテクノロジー(サーバーのチップも含まれる)をライセンスするグループに参加しています。

でも実際に世の中に出すかどうかはまだ未知数。注意深く見守って行きましょう。

[Bloomberg]

Image by huangjiahui under Creative Commons license

mayumine(JAMIE CONDLIFFE/米版