クルマとネットとスマホが融合! BMWに搭載された「コネクテッド・ドライブ」が最先端すぎる

Sponsored

クルマとネットとスマホが融合! BMWに搭載された「コネクテッド・ドライブ」が最先端すぎる 1

BMW i8/i3に続いて、これも次世代すぎる!

クルマのデザインのスゴさ・かっこよさもモチロンのこと、BMWはサービスも最先端すぎるんです。それが総合テレマティクス・サービス「BMWコネクテッド・ドライブ」。これによってどんなことが可能になるのか。

「BMWコネクテッド・ドライブ」のサービス内容は2つに大別できます。主要モデルで標準装備(つまり追加料金なし)の「BMWコネクテッド・ドライブ・スタンダード」は事故などの緊急時に自動でSOSコールしてくれますし、より上位の「BMWコネクテッド・ドライブ・プレミアム」ならばネットやスマホとつながることでより便利に、より楽しくドライビングができてしまうんです。BMWは通常のテレマティクス・サービスよりも、もう1歩2歩と踏み込んできた印象がありますね。

なぜこんなことが可能かというと、クルマの内部に搭載されたSIMカードがあるから。ではそれぞれのサービスをご紹介しましょう。

緊急時に効果を発揮する「BMWコネクテッド・ドライブ・スタンダード」

クルマとネットとスマホが融合! BMWに搭載された「コネクテッド・ドライブ」が最先端すぎる 2

フロントウィンドウにある「ConnectedDrive」の文字が、「BMWコネクテッド・ドライブ」利用可能車両の証。まずは無料で使える「BMWコネクテッド・ドライブ・スタンダード」の機能から。

BMW SOS コール」はエアバッグが作動するような事故発生時に車両から自動的にSOSコールを発信。コールセンターとの通話だけでなく、車両情報や位置情報などをデータ送信するので、スピーディーに救急対応をとれるんです。手動でのSOSコール発信も可能なので、事故現場に遭遇したときにも利用できます。

さらに、エンジン・オイル、ブレーキ・パッド、バッテリーの状態を正規ディーラーやドライバーに通知するBMWテレサービスもあって、これらが無料で使えちゃうんだからスゴい! アタマいいじゃないですかこのクルマたち!

でも、「BMWコネクテッド・ドライブ プレミアム」ならもっと便利な機能があるんです。

プレミアムな理由その1:「BMW リモート・サービス」で車外からリモートコントロール

クルマとネットとスマホが融合! BMWに搭載された「コネクテッド・ドライブ」が最先端すぎる 3

BMWコネクテッド・ドライブ プレミアム」のプレミアムな理由その1はスマホを使ったリモートコントロール。

iOSアプリ「My BMW Remote」を使って1.5km圏内にあるクルマの場所を地図上で確認したり、エアコンを動かしたりドアのロックを開けたり閉めたり、ライトを点灯させたりもできますよ。

巨大なショッピングモールの駐車場で、自分のクルマをどこに駐めたのかわからなくなったときに便利すぎる機能。最初は地図でチェックしてからおおよその場所まで行って、それでもわからなかったらライトをピカピカさせましょう。

クルマとネットとスマホが融合! BMWに搭載された「コネクテッド・ドライブ」が最先端すぎる 4

そうそう、真夏日なら事前に送風をコントロールしておけば、車内があっつあつすぎて窓全開で走り出すなんてこともありません。

プレミアムな理由その2:「BMW コネクテッド・ドライブ・サービス」でネット力をパワーアップ

クルマとネットとスマホが融合! BMWに搭載された「コネクテッド・ドライブ」が最先端すぎる 5

プレミアムな理由その2は「BMW コネクテッド・ドライブ・サービス」によるネット連携。SIMカードによる通信を使ってオンラインサービスを利用できるほか、スマホアプリ「BMW Connected」を使えばスマホ内のコンテンツも楽しめます。

TwitterやFacebookのタイムライン、ニュース、そしてスケジュールを読み上げたり、加速・減速・ギアシフトをチェックしてより燃費がよくなるドライビング術を教えてくれたりとその内容は多彩。

他にもネットラジオの「TuneIn Radio」や、現在地をドライブ仲間に伝えられる「Glympse」、走ったコースのGPS位置情報と速度やラップタイプを記録できる「BMW M Laptimer」などの提携したアプリで、さらなる機能追加も可能です。

ナビゲーションで設定した目的地をスマホに転送できる「Last Mile機能」を使えば、目的地近くの駐車場にクルマを停めてから歩いて目的地に向かうときにも迷う心配はありません。

クルマとネットとスマホが融合! BMWに搭載された「コネクテッド・ドライブ」が最先端すぎる 6

使いたいアプリがあったら事前にダウンロード&インストール。

クルマとネットとスマホが融合! BMWに搭載された「コネクテッド・ドライブ」が最先端すぎる 7

そしてセンターコンソール内にあるUSBポートを使ってクルマとiPhoneを繋げます

クルマとネットとスマホが融合! BMWに搭載された「コネクテッド・ドライブ」が最先端すぎる 8

パソコンやスマホなどで検索した目的地をナビに送る「Send to Car 機能」、逆にクルマの位置情報をスマホに送れる「Send to Phone 機能」もあります。後者は友人と複数台でドライブするときなんかに使えそうです。

ドライバーも助手席のナビ役もちょっとした手間を省けてドライビングそのものをストレスフリーに楽しめる、「BMWコネクテッド・ドライブ・プレミアム」はそんなサービスといえますね。

プレミアムな理由その3:「BMW ドライバー・サポート・デスク」のオペレーターサービスもお忘れなく

クルマとネットとスマホが融合! BMWに搭載された「コネクテッド・ドライブ」が最先端すぎる 9

ドライブ中のスマホ操作はもちろん厳禁。でも安心ですよー。「BMWコネクテッド・ドライブ プレミアム」はコールセンターのオペレーターがドライバーに代わってさまざまな情報検索をサポートしてくれる「BMW ドライバー・サポート・デスク」があるのですから。

まずはナビ画面のメインメニューから「ConnectedDrive」を選択します。

クルマとネットとスマホが融合! BMWに搭載された「コネクテッド・ドライブ」が最先端すぎる 10

そして「ドライバーサポートデスク」をチョイス。あとは24時間365日スタンバってるオペさんとハンズフリーで楽しく会話しながら行き先を決定。オペさんが調べた位置情報は車両に送信され、ナビ画面に表示できるので、走行中でも目的地設定が可能です。

なお通信時に使う回線は3G。しかも複数キャリアの回線にアクセス可能で、ひろーいエリアで使えるみたい。いいね!

「BMWコネクテッド・ドライブ プレミアム」の料金は3年契約で5万9000円

「BMWコネクテッド・ドライブ プレミアム」は7シリーズ、6シリーズ、5シリーズ、4シリーズ、3シリーズ、スタンダード・モデルを除く1シリーズ、X5、X3と、多くのラインナップで利用できます。

でも車両内部に通信回線を持ち、これだけのサービスが使い放題なのですからよっぽどお高いのかと思ったら…。

3年契約で5万9000円ですって。あらら、奥さま、意外にもリーズナブルですわ!

クルマとネットとスマホが融合! BMWに搭載された「コネクテッド・ドライブ」が最先端すぎる 11

クルマとネットとスマホが融合! BMWに搭載された「コネクテッド・ドライブ」が最先端すぎる 12

プレミアムなクルマだからこそプレミアムなサービスを。さすがにこの4.4リッターV8! ツインターボ! 450ps!550i M Sportをポンと買えちゃうお大尽様はそうそういないと思いますが、12月末までは0.1%特別低金利ローンを実施中ですってよ奥さま! 8速ATの116i Sportとかお買い得かも!

BMW ConnectedDrive

(武者良太)