世界トップクラスのCGアーティストが描いたポケモン

世界トップクラスのCGアーティストが描いたポケモン 1

グァァーーーーッ

1996年に発売された初代ポケモン『ポケットモンスター 赤・緑』から登場し、今もなお愛されている元祖御三家ポケモンたちの最終進化後の姿を、リアルに描いたCGアートをご紹介しましょう。

このCGアートを描いたのはフリーアーティストの森田 悠揮さん。立教大学に通う学生でありながら、そのアーティストとしての腕前は世界にも認められていて、「CG studentAwards 2013」で世界3位に選ばれるほどです。

兄弟メディアKotaku JAPANでは、それぞれの大きな画像を紹介していましたよ。普段はカワイイ! というポケモンも、リアルに描かれるとこんなにも恐ろしく見えてしまうんですね。これらを従えるポケモンマスターも見てみたい気もしますが…。

「初代ポケモン御三家」を世界トップクラスのCGアーティストが描いたらこうなる[kotaku JAPAN]

(ギズモード編集部)