完全に人を模倣するアンドロイドは世界になにをもたらすのか…。映画『The Machine』

完全に人を模倣するアンドロイドは世界になにをもたらすのか…。映画『The Machine』  1

新時代のレプリカント映画は、中国との冷戦という極めて今日的なテーマから生まれました。

来たるべき未来と、かつてのように繰り広げられるテクノロジー開発競争。そこから生み出される「生命」という存在――近未来SFスリラー『ザ・マシーン(原題)』は、新たなレプリカント神話となりえるのでしょうか? 初公開された予告編は、かなり魅力的で、期待度高めな感じです!

 

「冷戦」といえば、ゼロ年代を生きた我々にとっては、遠い過去のことのように感じられるかもしれません。しかし、50~60年代のSF映画には、冷戦構造における社会情勢を投影した作品が数多く見られました

スタンリー・キューブリックの『博士の異常な愛情』も、米ソ冷戦下の核の恐怖をテーマとしていますし、硬派な作品から娯楽作品にいたるまで、そうした作品は枚挙に暇がありません。

単純なエンターテインメントのように見えながら、その裏側には深遠なテーマを含んでいるというのが、良質なSFの1つの基準といえるでしょう。

そんなわけで、映画『ザ・マシーン』は、かつての「暗いSF」のイメージを現代によみがえらせたという点はもちろん、きわめて現代的なテーマを描いているという意味でも、注目すべき作品であるといえそうです。

兄弟メディアKotaku JAPANではこの『The Machine』の動画の紹介と共に、スタッフの話などが紹介されていますのでより詳しく知りたい方はアクセスしてみてください。

新冷戦時代のディストピアSF! 『The Machine』予告編が超クール [Kotaku JAPAN]

(ギズモード編集部)