史上最高の宇宙体験ができる映画

史上最高の宇宙体験ができる映画 1

宇宙は昔より身近なものになってきてはいるとはいえ、一般人にはまだまだ手の届かない存在です。金銭面だったり、肉体面だったり、精神面だったり、頭脳面だったり...様々な要素が満たされていないと無重力空間には行けません

宇宙をリアルに体験出来る人は、ほんの一握りです。しかし、便利なもので、そんな私たち一般人でも、映画やドラマを通して美しい宇宙体験ができます。そこで今回は兄弟メディアKotaku JAPANが紹介していた「史上最高の宇宙体験ができる映画10選」の中から、2つほど厳選してご紹介します。

『サンシャイン 2057』

史上最高の宇宙体験ができる映画 2

輝きを失い始めた太陽を再生させる為に、8人の乗組員が核弾頭を乗せて宇宙船で太陽に向かうが、道中、かつて遭難した宇宙船からSOSを受信したことから、次々に恐ろしい出来事に遭遇するホラー・サイエンスフィクションの『サンシャイン 2057』。

監督は『トレインスポッティング』や『28日後...』のダニー・ボイルで、内容はもとより映像の美しさは折り紙付き。宇宙船の船長に、日本人俳優の真田広之を起用していることでも話題になりました。

『アポロ13』

史上最高の宇宙体験ができる映画 3

ロン・ハワード監督の『アポロ13』には、NASAとアポロ13のクルーに対する多大なる尊敬の念と、宇宙旅行の危険性に対する恐怖心が込められています。アポロ13号のジム・ラヴェル船長が著した『Lost Moon』を原作としているだけあって、とてもリアルで緊張感に溢れています。

Kotaku JAPANではその他にも宇宙体験に最適な映画を多数紹介いますので、「グラビディ・ゼロ」で宇宙の恐怖を知り、更に興味をもった人は覗いてみることをおすすめします。

史上最高の宇宙体験ができる映画10選[Kotaku JAPAN]

(ギズモード編集部)